僕のレコード棚公開します!(46)

【ザ・リアル・ハワード・ロバーツ/ハワード・ロバーツ】

IMG_0776 (1)

【メンバー】
ハワードロバーツ(g)ロス・トンプキンス(p)レイ・ブラウン(b)ジミー・スミス(ds)
【曲目】
 ドルフィン・ダンス/ダーン・ザット・ドリーム/ 風と共に去りぬ/エンジェル・アイズ/オール・ブルース 他

 ハワード・ロバーツはこのアルバムと代表作「ミスター・ロバーツ・プレイズ・ギター」の2枚を持っています。正直、全くのめりこみませんでした。

 そもそも買った理由は次の2つ。

 一つ目はパット・マルティーノにはまっていた時に必ずと言っていいほど「ハワード・ロバーツ譲りの正確無比なピッキング・・・」なる表現を目にするので、そんなに凄いのかってことで聴こうと思ったのと、20代の頃、ジャズギターで色々な曲を練習していた時に「ドルフィン・ダンス」のような曲が全く対応できなかったので、「ギターで演奏しているお手本のような演奏はないかな?」と探していたところ、たまたま見つけたので買った、そんな感じだったと思います。

 「正確無比のピッキング」については、まー、確かにそうでしたが、マルティーノとは全く趣を異にするもので「なんか違うんだけどなー?!」と感じましたし、ドルフィン・ダンスについても「どういう音使いで弾けば良いか?」はなんとなくわかりましたが、これまたドルフィン・ダンスのあの雰囲気ではなく、「明るく軽快なドルフィン・ダンス」でこれまた「ちょっと違うんだけどな???」と思ってしまいました。

 その後、一番メジャーなアルバム「ミスター・ロバーツ・プレイズ・ギター」を買ったことを最後にロバーツとのおつきあいはこれっきりになりました(笑)。

 まー、いいとか悪いとかではなく、好みの問題ですから仕方がないですね・・・・・。
 

 

ジャズギター裏口入学(21)

【まずどんな曲から練習を始めるか(6)】

 ちょっとタイトルとずれてはきましたが、一発ものを学ぶメリットを説明していく中で4度累積の和音の話をしていたので、もう一個大事な4度重ねの和音、そして誰でも簡単にモーダル(?)の雰囲気が出せる必殺技をお話しておきます。

nori_000037.jpg


 譜面のまずは最初の2小節のフレーズを弾きますね。下の動画です。



 Am7想定のブルースっぽい感じのごくごく当たり前なフレーズですね。このフレーズをトップの音にして下に4度重ねで4声にしているのが譜面の3~4小節です。弾いてみます。下の動画を確認してください。



 だれでもできるって言ったのは、最初の音で指の形を覚えたら、あとはフレットを横に平行移動するだけだからです。いかにもギター的ですね。これをピアノでやろうとすると、黒鍵白鍵がらみでこうはいかないと思いますね。

 ギターのコードソロはとでも難しいですが、これならできそうですし、難しい運指のコードソロの合間合間にこの和声を効果的に使っていくと、結構カッコ良かったりします。

 どんどん活用してみてください!

ギター購入騒動記(43)

 「あっ、GT-1だ!12,800円?!まじかよ!!!!」

 GT-1はまだ発売間もないせいか、まだヤフオクや中古市場にはあまり出回っていませんでした。したがって、実売価格19,800円で買うしかないかとあきらめていたところで、晴天の霹靂です。

 楽器店ではありませんので、試奏はできません。そして、いつもの吉祥寺山野ロックインでカードで買うつもりでしたので、持ち合わせのお金がありません。このお店は現金払いのみです。さー、どうしよう??見た感じ新品同様です。もう、決まりました。とりあえず、今は昼休み時間で、もう休憩時間はありません。

  「すぐには売れないだろう?!お金だけおろしておいて、会社帰りに寄ろう」と思いました。

 就業時間が終わり、お金を握りしめてブロードウェイに向かいました。そっさくGT-1の置いてあった棚に目をやります。

  「あれ?ない!!」

  何度も見ましたし、レイアウト替えしたのかも知れないので、店の隅々まで探しましたがGT-1はありません。お店の人に確認しました。

  「さっき売れちゃいました・・・。」

  目の前が真っ暗になりました。「甘かった、何で予約しておかなかったんだろう!!」後悔してももう遅いです。でも、気持ちはもう引っ込みは付きません。

  「もういい、7,000円高くたっていい、新品を買うぞ!」

  結局、当初予定通りにその足で吉祥寺に行き新品を19,800円で買いました。


  いつもの仲のいい店員さんに正直にこの件を話しました。

  「武田さん、この商品は新品で発売間もないので、割引してあげられないんだけど、今度中古のギター買うときにちゃんと考慮しますよ」と言ってくれました(笑)。長い目で見ればよかったのかもしれませんね・・・・。

  こうして今僕の手元にGT-1があります。今はこれを使って色々と音作り中です。先日のジャムセッションで実験投入してみましたが、まずまずの感じです。デビュー戦は来月のライブになりそうです!

IMG_0583.jpg

【2018年5月19日時点での所有楽器・機材】
<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Stratocaster (Fender Japan) 16年中古で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
SG Special 2014 (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Special (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Sutudio Faded2016 (Gibson) 16年新品で購入
LesPaul Classic(Epiphone) 16年中古で購入
ES-339 Pro (Epiphone) 16年新品で購入
LesPaul Cusutom All Mahogany WR (Gibson) 17年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入

<Effect>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GR-55 (Roland) ギターシンセサイザー 16年 ヤフオクで落札
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札

僕の音楽史(86)

【大学1年生(1980年~81年)】

 実家に帰って叔父さんから借りた段ボールひと箱分のジャズのレコードを貪るように聴き、そこから印象に残ったレコードを紹介しています。

【ベース・オン・トップ/ポール・チェンバース】

pckb.jpg

 ポール・チェンバース名義でしたが、ケニー・バレルのリーダー・アルバム感覚で聴いていました。当時未熟な僕は、とにかく音符がきちっとイーブンでしっかり正確に弾くタイプのギタリストでないと全く受け付けませんでした。そういう意味ではケニーはダメでしたね。今ではケニーの良さはわかっているつもりですし、逆にケニーの様に弾くことの方がかえって難しいことはわかっていますが・・・。

【オール・ブルース/レイブライアント】

rb.jpg

「なんと地味なアルバムを」と思うでしょうが、当然同じタイミングでエバンスやキース、ピーターソンなどの名盤を聴いたとは思うのですが、この時聴いて印象に残ったピアノアルバムはこれだけでした(笑)。全曲ブルースという事で入り込みやすかったのとマイルスを聴いて「オール・ブルース」と言う曲が気に入ったからだと思います。

【ブラック・マーケット/ウェザー・リポート】

black market

 「ウェザー」は以前もこのブログにも書いたように、訳も分からないまま、全盛期のジャコパス時代を見ているので名前は知っていました。ただ、印象に残ったのは一曲目の「ブラック・マーケット」だけでしたが・・・・。「おとなのフュージョン」って印象でしたし、結構和声も難しく感じられ、カシオペヤやリトナーの様にストレートにはのめりこめませんでした。


 叔父さんのセレクトしたレコードは「コルトレーン」と「マイルス」に随分と偏っていました。ただ、この2人の偉大なミュージシャンにまつわる逸話を聴くことで、何となくジャズの歴史や常識が当時のリアルタイムのジャズやフュージョンとつながったことは収穫でした。そして、ジャズ・ギターをあまり聴かなかったこともあり、東京に戻ったら、ジャズ・ギターのレコードを中心に色々と自分でレコードを買って聴いてみようと思いました。


 以前このブログで何度も登場していた友人の新保君ですが、彼は大学進学に向けて浪人生活を新潟で送っていることは知っていました。元気にしているか気にはなっていましたし、久しぶりに会って色々と音楽話もしたかってのですが、やめることにしました。

 こんな感じで、短い夏休みも終わり、また東京に戻りました。

 

Phrase Database (9)

今回はマイク・スターンですね。

nori_000036.jpg



譜面は5小節目で終わってますが、4~5小節目のような乗降フレーズが同じパターンで続きます。

 Dm7一発のモーダルな曲でのソロです。確かネタは「ウイ・ウォント・マイルス」だったと思います。あの黄色いジャケットのやつですね。とにかく、このアルバムは絶対聴いてください!もう、一発ものフレーズの宝庫ですから!!でも、動画ではモーダルとは程遠く、わかりやすくするためゆっくりとしたテンポでどん臭く弾いていますのでお許しを!

 マイクはあまりアウトせずに、この手のやつは結構律儀にかっちりと弾きます。根はまじめな人ですから(笑)。しかも、結構ドリアン(B音)でなくナチュラルマイナー(B♭音)をよく使います。1小節目3~4拍はいかにもマイクです。

 4~5小節目のフレーズは一つ一つの音をピッキングしてはっきり弾くのは上の動画のような運指が良いですが、速いテンポで勢いよく弾く時は下の様な運指でスラーで弾くのが良いかもしれません。



プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR