僕の音楽史(35)

【中学3年生(1976~77年)】

 1976年に発売された重要なアルバムというのは「ワイアード/ジェフ・ベック」ですね。ロック好きの方はもう想像がついたでしょう?!

【ワイアード/ジェフ・ベック】

ワイアード

 ブロウ・バイ・ブロウに続くベックのリーダー・アルバムです。何故か僕はこのアルバムは購入しておらず、発売直後に例の友人新保君から聴かせてもらいました。当時のこのアルバムの感想を思い出しながら書いてみます。

 まず何といっても「ジャケットのカッコ良さ」ですね。今のCDで「ジャケ買い」なんてあるのでしょうかね?この時代はもちろん30cmのLPレコードですから、ジャケットの持つインパクトってのは今と全然違ってすごく重要です。

 そして演奏の方は、レコード針を落とすといきなり変拍子のハイハットが耳に飛び込んできます。「数えられねー!」と感じるのもつかの間、一気にハードなサウンド飛び込んできて、例のリフの繰り返しが始まります。この時点で「ノックアウト」ですね(笑)。そして続くギター・ソロがもう死ぬほどカッコイイですね。ギター・ソロの直前、フィードバックにリング・モジュレーター(?)をかけながらアームダウン!ここで「ノックアウト」の体にくさびを打たれ、息の根が止まります。

 この当時は先に紹介したA面1曲目「レッド・ブーツ」とB面1曲目「蒼き風」ばかり聴いていましたが、後になって「カム・ダンシング」や「ソフィー」「グッドバイ・ポーク・パイハット」も実は凄く良い演奏だということがわかり合わせて聴くようになりました。

 当時ロック一辺倒でしたので「ヤン・ハーマー」がどんな人かも知りませんでしたし、「グッドバイ・ポーク・・・」が偉大な「チャーリー・ミンガス」の曲であることも知りませんでした。でも、知った後でもベックに対する評価は全然変わりませんでした。

 ブロウ・バイ・ブロウのサウンドはファンキーで黒かったのですが、このアルバムはそういう部分も多少残しつつ、もっとハード&ワイルドなジェフ・ベックが楽しめます。「どっちのアルバムが良いか?」なんてよく友人新保君と話したものです。彼は「ワイアード派」で僕は「ブロウ・バイ・ブロウ派」だったような記憶があります。でも、「どっちも素晴らしい!」が今の結論です。ブロウ・バイ・ブロウの時に書きましたが、「まわりのサウンドがどう変わろうともベックは全然変わらずベックのまま」ですね。


 本当に素晴らしいです!


 そして僕は志望校「新潟高校」に合格し、受験生活がいったん区切りがつきました(喜)!そして友人新保君も同じく「新潟高校」に合格し、この先も二人の楽しい音楽談義は続いていくのでした。

 ※次回からは時代は【高校1年生(1977~78)】に移り進んでいきまーす。

 お楽しみに!

Song For Bilbao

【Song For Bilbao】

2017.09.19 東中野セロニアス
武田謙治(g)阿部義徳(p)座小田諒一(b)丸谷茜(ds)



お馴染みメセニーの代表曲ですね。動画ではなく静止画です。そしてピアノソロの途中からフェイドインします。録音ボタンを押し忘れていたためなのであります。

 昔から大好きな曲でしたが、今までライブでは一度も演奏したことはありませんでした。GP-10(ギタシンセ)を手に入れて例の音でプレイすることが可能になってから、やろうやろうと思っていましたが、ずっと演奏してきませんでしたが、昨日初めてライブでやりました。

 最近定期的に活動しているメンバー4人での演奏です。もう少しダイナミックスと一体感が生まれてくれば良い感じになるのではと思います。

 メセニーのこの辺を狙っている人はあまりいないでしょう?!僕がトリビュートさせてもらいますから!・・・。

 武田のギター、マルティーノがメセニーの真似をして、うーん?と悩んで弾くとこんな感じになるのではと(笑)。

 阿部君のピアノ、ライル・メイズかと思いました! Impressive !

 座小田君のエレベは結構レアですね・・・。

 茜ちゃん、イケイケー!って感じで良いですね。


 今度ぜひ聴きに来てください!!!


 

2017年9月19日(火)東中野セロニアス

【メンバー】
武田謙治 (g) 阿部義徳 (p) 座小田諒一 (b) 丸谷茜 (ds)

 お客様が少なく、ママさん及びメンバーの皆様には大変申し訳ありませんでしたが、気にせず(いや、気にしなくてはいけないですね(-_-;))頑張ってやっていこうと思います。

 ちょっとメセニーな夜でした。特に意識して集めたメンバーではないのですが、この4人なら僕の大好きな70年代後半から80年代くらいまでのメセニー・グループのようなサウンドをやっていけそうな気がします。

 それにしても8ビートのスネアとバスドラやテンションのない7thコードってのは、逆に新鮮で気持ちがいい。再認識しました!
 まじめに取り組もうと思います。

【1st】
Soul Cowboy
Sortice
Interchange
Song For Bilbao
【2nd】
V
80/81
Old Folks
American Garage

takeda.jpg阿部座小田丸谷



Pat Martino奏法研究(50)

【第6章】スタンダード曲への活用(2)

 今回は2小節目に行きます。コードはA7(♭9)です。

 A7(♭9)というと、マイナーコンバージョン的にすぐに思い浮かぶのはB♭m6(7)です。何故?って思う人は過去の投稿「Pat Martino奏法研究(16)」をご覧ください。難しいこと考えずに今後は「7th(♭9)は半音上のマイナーが使える」と覚えてください。まずは下の動画をご覧になってください。



 注意点というかアドバイスが一点あります。B♭m6(7)にコンバージョンしてB♭ドリアンを弾くと、A7のルートA音とB♭音がぶつかります。また、この曲の2小節1拍目のメロディーはA音ですから、ドリアンにA音(B♭マイナーのメジャー7thの音)をフレーズに付加してやることで違和感を無くすことができます。動画でもA7(♭9)ではなく、A7(♭13)にしています。♭9とはよくセットで鳴らすテンションです。コードを鳴らし、B♭ドリアンをゆっくりと弾いたあと、先の解説のA音の使い方がわかるような弾き方をしていますので、参考になさってみてください。また、後半はB♭ドリアンをフレット真ん中を中心に左右へとポジション移動させています。前回書きましたが、マルティーノがど真ん中のポジションをスタートにする理由はこのようにポジション移動に自由度があり、長いフレーズが弾けるからです。

 下の動画は1小節目Em7(♭5)(Gドリアン)→A7(♭9)(B♭ドリアン)を連続して弾いています。参考にしてください。



STELLA BY STARLIGHT-408


僕の音楽史(34)

【中学3年生(1976~77年)】

 ツェッペリンがライブ演奏を含めたドキュメンタリー映画を製作しているという話は随分前から聞いてはいました。楽しみにしてはいましたが、耳にしてから随分立つのであまり期待はしていませんでした。そんな中、映画は完成し、ニューヨークで(?記憶違いかもしれません)でプレス向けの試写会が行われ、大絶賛だったことを知りました。それだけではなく、サウンドトラック盤という位置づけで待ちに待った公式のライブアルバムがリリースされることを知って狂喜しました。

 73年マジソン・スクエア・ガーデンの演奏が収録されていると聞いて、この時はすでに盟友新保君とブードレッグで色々なコンサート音源を聴いていたので、頭の中でセットリストが浮かびました。「ロックンロール」にはじまり「祭典の日」・・・「永遠の詩~レインソング」最後は「胸いっぱいの愛を」みたいに、頭の中でサウンドが鳴ってきて、もうすでにレコードを聴いているような感じになりました。(笑)個人的には71年あたりの「移民の歌~ハートブレイカー・・・・」をオフィシャルで聴きたかったと思いましたが、贅沢は言ってられません。そして、映画がすごく楽しみになりました。日本で封切になるかも、まだ決まっていなかったと思いますが、何せ我々の中学時代、インターネットもYoutubeもない時代でしたから、「動くツェッペリン」なんて何年か前にテレビで見た「ヤングミュージックショウ」でしかありませんでしたので。

【永遠の詩(狂熱のライヴ)/ レッド・ツェッペリン】

狂熱


 そして、サウンドトラック盤が発売されました。もちろん僕も新保君も予約して買いました。家に帰り、早速針を落とし、ヘッドホーンの大音量で聴きます。観衆のざわめきが聴こえてきました。そして数秒後にあの「ロックンロール」のドラムのイントロが聴こえてきます。「え?!これライブ盤?!無茶苦茶音が良い!」そして間髪入れすギターとベースが入ってきます。あまりのカッコよさにもう失神しそうになりました。こんな感じで一機に最後まで聴いたと思います。今の感想とは多少違う部分もありますが、その当時思った事を思い出しながらいくつか書いてみます。

 収録曲に多少の物足りなさを覚えました。これは僕の個人的なわがままですからあまり深い意味はありません。余計な曲が入っているということではなく「イエスソングズ」のように3枚組にして「ブラックドッグ」や「ミスティ・マウンテン・ホップ」「丘の向こうに」等を収録して欲しかったということです。(今では全て聴くことができるので問題なしですが。)
 演奏の出来に関しては「ドキュメンタリーだ。ベストなものではない」と本人たちが言っている通り、僕も新保君も既にブードレッグで凄いテイクを聴いて、随分と耳が肥えていたので、確かにそう感じる部分もありました。でも、そんな事を語るようなアルバムではないとも思いましたし、先ほど書いたように「ロックンロール」のドラムフィルから続いて入り込んでくるギターとベースを聴くと、もう「オーラ」が漂いまくっています。そして「幻惑されて」に関して言うと、僕は現在までそれこそ何百というテイクを聴いていますが、この時のテイクが一番凄いと思います。

 このアルバムで一気にツェッペリンに引き戻された感じでしたが、実は、この年にもう一枚すごく重要なアルバムが発売されているのです。

 次回はそのことについて書こうと思います。

 お楽しみに!
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/
【Guitar Lesson のお知らせ】
http://kenjitakeda.jp/blog-category-12.html/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR