ギター購入騒動記【番外編】(2)

【FenderJapan /Stratocaster(BK) 】

 今までの投稿の中では、かみさんに内緒でこそこそと買っている時もあったので(笑)、値段ははっきりと書いてきませんでしたが、今回は、値段と音の関係をしっかりと伝えていかないと、皆さんの楽器購入の参考になりませんので、記憶の限り書くことにしますね。

 僕の一連の爆買い、最初に買ったエレキギターはこいつです。

IMG_2172.jpg IMG_2173.jpg
 
 FenderJapanの黒ストラト、シリアルNOから1993~94年製造のようです。中古でジャスト4万円で購入しました。定価はショーカードによると確か7~8万位だったように思います。ボディは表裏面ともに、ほとんど傷がなく、20年以上前の楽器なのに随分と綺麗な楽器です。ヘッドに煙草で焦げた跡がありますが、わざと付けたのでしょう(笑)。アームはなかったので、後で別途購入しました。バネは最初から3本でした。アーム・ダウンのみでアーム・アップはできません。アームはほとんど使わないですし、面倒なので調節していません。ピックアップのセレクトは5段階で、F、C、R、F+C、C+Rですね。音は下のような感じです。F、C、R、F+C、C+Rの順に切り替えて弾いていますので、音の違いを聴き比べてみてください。



 ギターそのものの音が分かるように、アンプのリバーブ以外は何もかけていません。どうです?4万円でも結構いい音しますでしょ?というか、高価なストラトは弾いたことがないので、僕の中で比べようがありません。

 この楽器は、僕のギターの中では珍しく細い弦(1弦が0.011~のセット)を張っています。一度太い弦を張り、弦高を高くしたこともあるのですが、しっくりいかなかったので、元に戻しました。左手の調子が芳しくないときは、腕の負担を軽くするため、家でよくこのギターを弾いていました。

 一度もライブで使っていません。GK3ピックアップを付けるために、弦高を高くする必要があることも一つの理由ですが、本当の理由は、「まだストラトを使いこなせていない」、そして「自分のキャラには合わない」ってことが大きな理由です。そのうち気持ちが変わったら、使うかもしれません。

【結論】ストラトは使いこなすのが難しい楽器だ。自分の演奏が下手くそに聞こえてならない! 

 


テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(18)

【中学2年生(1975~76年)】

 今までこの話に登場してこなかったのですが、僕には14歳離れたおじさんがいて、彼はドラムを叩いていました。彼はマイルスやコルトレーンのようなジャズが好きだった関係で、あまり音楽の話をすることはなかったのですが、ある時ロックバンドでドラムを叩くことになったと言って、練習の生録を聴かせてくれました。バンドとしては、大したことなかったのですが(笑)、ギタリストのプレイに驚愕しました。

 かれこれクラシックギターとエレキギターを何年か弾いてきて、自分で言うのも何ですが、そこそこうまくなったとうぬぼれていたようです。アマチュアでこんなすごい人が身近にいるんだという事にショックを受けました。おじさんに根掘り葉掘りギタリストのことを聞き、以下の情報が分かりました。

 ・20代後半くらいで、ギブソン・レスポール使用。現在ピアノの調律師の勉強をしている。
 ・最近新潟に戻ってきたのだが、数年間東京で暮らしていた。その時、ある日本のバンドの「おっかけ」をやっている。
 ・ライブを観て、生録して、そのバンドの曲やギタリストを研究しまくっている。
 ・おじさんバンドのレパートリーは、全てその日本のバンドの楽曲で、まだレコード発売前の曲。
 
 今まで、日本のロックバンドなど眼中にありませんでした。もちろんほとんど聴いたこともありませんでした。日本のロックギタリストも、以前お話しした「成毛滋」さんくらいしか知りませんでした。そして、おじさんバンドのギタリストが「おっかけ」やっていたというバンドのライブ生録を聴かせてもらいました。

 「このギタリスト、スゲー!そして、曲も良い!」

 ツェッペリンのセカンドを聴いたときと同じくらいの衝撃を受けました。

 このギタリストが「竹田和夫」さん、バンドは「クリエイション」でした。

f0210407_2044297.jpgband3331.jpg
 
 

Pat Martino奏法研究(42)

【第5章】総合 - (1) 

 今回から新しい章に入ります。

 【総合】と言っても、この奏法研究が終わりに近づいているわけではありません。僕が死ぬまで続けますからご心配なく!(笑)

 今まで、「Patの特徴的なフレーズの紹介」「マイナー・コンバージョン・コンセプト(基本)」「ポジション移動」「マイナー・コンバージョン・コンセプト(応用)」とざっくり4つの項目について、所々動画を交えながら解説してきました。それぞれ別々に焦点をあてて説明してきましたが、今回からはパットがある楽曲で実際に弾いているフレーズを題材に、全ての項目について、復習を兼ねて、またある部分では、一歩進んだ形で総合的に解説していこうと思います。
 
 実際の解説は次回からにするとして、まずは取り上げるフレーズの譜面を提示しておきます。みなさん、どの弦、どのポジションで弾いても構わないですから、次回までに音をさらっておいてください。詳しい人は「あっ、この曲か!」とわかると思いますが、内緒にしておいてくださいね(笑)。

 いかにもマルティーノ!って感じで、先にあげた要素がこの長いフレーズの中に全て詰まっています。小節やかたまりごとに4つの要素について総合的に解説していこうと思います。また、解説の中で、必要に応じて、類似したフレーズなども紹介していこうと思います。

 こうご期待を!
Phrase Example

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ギター購入騒動記【番外編】(1)

【Ibanez/GA40SFCE-NT】

 前回の投稿で予告しました通り、「ギター購入騒動記」の中でご紹介してきたギターやエフェクツを実際の音で紹介して、皆さんがギターや機材を購入する時の参考にしてもらおうという番外編の企画をスタートさせます。

 でもって、今回紹介する楽器は、アイバニーズのエレアコ、僕の爆買いの一番最初に買った楽器です。

IMG_2164.jpg IMG_2165.jpg

 新品の状態、アマゾンで購入しました。値段は確か3万くらいだったと思います。見た目は、ナチュラルの綺麗なボディ、表面は綺麗で気に入っていますが、裏面は塗装がピカピカで少し安っぽい感じがします。あと、ペグが黒いのも実はあまり好きではありません。

  動画の前半は生音で弾いてますので、3万円のエレガットは、どの程度の生音か聴いてみてください。皆さんどう思いますか?3万円の割には良い音がします。ただ、同じ3万でも純粋なクラシック・ギターの方が良い音がします。また、普段もガットギター弾いてる生音専門みたいな人が満足する音を出すには、3万では絶対ダメです。自宅でポロポロ弾くにはご覧の通り申し分ないですが、ライブ等で生音をマイクで・・・みたいに本格的に使うにはちょっと無理かな?という印象です。やはり、エレガットなのです。ボディが薄型の奴も似たような値段でありますが、この楽器ボディが厚い分音量は一応出ます。
 
  じゃー、全く使い物にならないかというと、動画の後半の音を聴いてもらえば分かりますが、エレガットとして多少エフェクトをかけて(今回の動画は、少しリバーブかけすぎました!)、アンプのモデリングを利用すれば、そこそこ良い音を出すこともできます。

 【結論】3万レベルで生音やノンエフェクトで良い音を出すのは難しい・・・・。

 あくまで、僕の勝手な感想ですが。


 こんな感じで、今後もギター、機材を紹介していきますので、購入時の参考にしてくださると嬉しいです。

 ではでは!

テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

僕の音楽史(17)

【中学2年生(1975~76年)】

 中学2年になりました。この年から聴く音楽に広がりが出てきます。理由はクラスにロックが好きな友人が出来たことが大きな理由です。
 
 今までは音楽の情報源は兄と雑誌「ミュージックライフ」だけでした。このころからもともと体育会系の兄は部活動のラグビー部に忙しく生活していたので、少しづつ音楽や楽器からフェイドアウトしていき、情報源とはならなくなりました。そんな時にうまいことクラスにロック好きの友人ができ、学校で情報交換し、放課後も頻繁にお互いの家に遊びに行って、色々なレコードを持ち寄り、聴くことで俄然世界が拡がっていきました。

 友達のひとりに新保君というやつがいました。(彼とは、実は今でも付き合いがあり、昨年何年かぶりに会って昔話に花が咲いたのですが・・・)その当時彼のお気に入りはツェッペリンでした。そこで僕は、「サードを買って全く良さが分からなかったこと」「その後フィジカル・グラフィティや4枚目で好きになったこと」「ロック・ギターを練習していて、ジミー・ペイジを研究しようと思っていること」などを話しました。

 「セカンドは聴いたのか?」彼は言いました。

 「まだ聴いてない。ペイジを研究するつもりなので、ファーストから順番に買って聴くつもりだ」と答えます。

 「まずはセカンドを買え。セカンドが一番、最高傑作だから!」



 彼のアドバイスに従い、セカンドを先に買いました。当然のごとく驚愕しました。

 「これだ!これこそロックだ!」

 今まで聴いてきたものが、全て吹っ飛んでしまうぐらいの衝撃でした。

 小学校4年からロックを聴きだしたのは随分と早熟ではあったのですが、5年目にしてようやくこのアルバムにたどり着くなんて、結構回り道してしまいました。

 これが、もう皆さんに紹介するまでもないとも思うのですが、レッド・ツェッペリンのセカンド・アルバムです!

【レッド・ツェッペリンⅡ】

led zep

【音源】

胸いっぱいの愛を

強き二人の愛

ハートブレイカー










テーマ : 音楽日記
ジャンル : 音楽

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
 浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
 吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
 横浜JAZZプロムナード’94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
 キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。
【ギタリスト武田謙治のブログ】
http://kenjitakeda.jp/
【Jazz Rock 必見動画!】
https://kenjitakeda.blog/

mail:rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR