FC2ブログ

僕の音楽史(108)

【大学2年生(1981〜82年)】

 メセニーの「ジェイムス」にやられてからは、当時発売済みであったアルバムでまだ聴いたことのないアルバムはほぼ全て買いました。ファースト、セカンドそしてニュー・シャトゥーカなどなど。ファーストはメセニーだけでなくジャコ・パスにも驚かされましたし、セカンドではその後のPMG(パット・メセニー・グループ)の原型がそこにありました。また、ソロ名義のニュー・シャトゥーカは彼のルーツがわかったり。ただ、当時の自分には少し理解できない曲もありましたし、アメリカン・ガレージやオフランプの頃に比べて、ギター音の輪郭が細かったり、テクニック的にもまだ未熟な部分であったりといくつかの理由から、この時点はそんなにのめり込んだわけではありませんでした。個人的には相変わらずブルース・フォアマンやベンソン他の王道ジャズギターのコピーばかりやっていました。

UCCE9276.jpg 31ZBPCB7RHL.jpg newsya.jpg


 ライトでの活動を少し。

 秋にはたしか早稲田大学の学園祭で早稲田ハイソサイェティ・オーケストラ(ハイソ)のゲストとして演奏したと思います。同じく三田祭ではハイソをゲストとして呼んでいましたし、共演する機会の多いバンドでした。

 ここで印象的だったのは、ライトとしてのビッグバンド演奏ではなく、演奏が終わってからのコンボ形式でのジャム・セッションでした。一曲だけ参加しました。「ブルー・ボッサ」をサンバ風に演奏した時だけです。以前このブログでも紹介したパット・マルティーノの「イクジット」を聴いていたので、決していい演奏ではなかったと思いますが、気持ちよく弾けた気がします。この頃は簡単なスタンダートは自分なりにアドリブ演奏ができる様になっていました。

 その時、対バンの早稲田ハイソのギタリストを初めて意識して聴きました。すごくジャジーなプレイで、ハイソの演奏曲でも結構ソロをする機会がある方で、その時点では正直言って、明らか僕の上を行ってましたね。この素晴らしいギタリストKさんの話は、また別の機会に・・・・。

 81年も年末ともなると翌82年3月に予定されていたライトのリサイタルのことを少しづつ意識する様な時期となりました。以前も書いたかもしれませんが、リサイタルでは必ず卒業メンバーのプレイをフューチャーした楽曲をやることになっています。何名かの卒業メンバーはいたとは思いますが、僕にとっての関心は卒業予定の一人でもあり、いつもリズム隊のメンバーとしてお世話になっていたピアノの寺さんのことでした。

 「フューチャーもの(曲)は一体何をやるのだろう??」

  寺さんはどうやらオリジナル曲を書いてるとの噂を耳にしました。

Jazz Rock必見動画(31)

【Bill Evans Trio - Some Day My Prince Will Come】



 この曲はもちろん色々なジャズメンが色々な楽器で演奏してきているが、僕は誰よりもエヴァンスのサムデイが一番好きなのである。そして、彼もこの曲はずっと弾き続けていて、数限りないほどのテイクがあり、晩年のテンポの速いサムデイや4拍子と3拍子が交互に登場するサムデイなどどのテイクも皆秀逸である。

 そして、エヴァンスの映像、僕はカラーの映像を見ることはほとんどない。彼ほどモノクロの映像が似合うミュージシャンはいないと思うからである。

 この演奏動画、そんなにレアな動画ではないと思うが、同日の色々な演奏動画が残されている様なので、暇な時に全部見て見たいと思います。

evance live

ジャズギター裏口入学(32)

【循環モノの弾き方(2)】

 今回は前回説明した3つの捉え方のうち①にあげた

「1−6−2−5、3−6−2−5などの機能別に塊で捉える」について。


 循環モノはサビ以外は結局のところ3−6−2−5や1−6−2−5の集合体です。前回載せたオレオの譜面見ていただければわかりますよね?。

 最初の4小節は1−6−2−5−3−6−2−5です。5ー6小節がちょっと違っていて、I ーI7ーⅣーⅣ♯dimが出てきて、そのあとまた3−6−2−5です。

 従って、5−6小節にちょっとだけ注意を払えば、あとはジャズを勉強している皆さんは絶対やっているであろうパターンやリックを充てはめてめて弾けるはずし、この手のやつは指癖にするほど弾き込んでいるはず(?)ですので、比較的テンポの速いものでも対応しやすいのではと思います。

 一つアドバイスがあります。循環ものでは、偉人たちが過去に残してきた「お決まりフレーズ」みたいなものがたくさん存在しています。そんなフレーズを散りばめたりすると、「循環やってます!」的な感じが出て良いかもです。また、それがばっちりとハマった時「いぇー!」と掛け声をもらうかもですね。色々な循環の代表曲のテーマを変形してアドリブに挿入するのも良いと思います。

 動画で最初の4小節でよくやる定石フレーズと5−8小節での定石フレーズを弾いてみましたので、参考にしてください。

ではでは!




Jazz Rock必見動画(30)

【Focus - Sylvia】



 70年代ロックが好きな方は絶対に知っているでしょう?!

 フォーカスです。そして彼らの中では人気曲「シルビア」のスタジオ・ライブですね!

 この時代に既にこういうサウンドのバンドがいたことは驚きです。イントロの16ビートのギターカッティングは本当にしびれます。名手ヤン・アッカーマンですね。クリムゾンのロバート・フィリィップと同じく、コアなファンが多いです。

 レスポール・カスタムのナチュラルなドライブ音、決してエフェクターでは作れない生々しい音です。

 いやー、久しぶりに聴きました。僕は最近フルアコを弾くことが多かったのですが、この後すぐにレスポール・カスタムを弾きに部屋に篭りましたとさ。

 
 スクリーンショット 2018-10-14

僕の音楽史(107)

【大学2年生(1981〜82年)】

「あの人」の「あのアルバム」とは「パット・メセニー」の「オフランプ(愛のカフェオレ)」です!

por.jpg


 慶応ライトのベーシストの先輩、タダシさんの発言をきっかけにメセニーのアルバム「オフランプ」に出会ったと書きましたが、正確に言うと僕はこのアルバムは購入済みでしたが、全ての曲を聴く事なく、また繰り返し聴くこともなくほってあるのでした(笑)。

 以前このブログでご紹介しましたが、僕はすでにメセニーとは出会っていました。サンロレンツオはどうも好きになれずスルーでしたが(笑)、その後に「アメリカン・ガレージ」を聴き、「ハートランド」や「エピック」なんかは夢中でしたので、「オフランプ」も、もちろん発売と同時に「中古盤しか買わない」という掟を破り、即買いしました。

 1曲目から、あの「メセニー音(ギターシンセ)」が始まります。今でこそ、この音を聴けばギタリストは「メセニー」と思うのでしょう。僕はリアルタイムにこのアルバムで、初めて耳にします。

 「何じゃこれ?!」ってのが最初の印象でした。何だかよくわからないシンセ音で短い一曲目が終わります。二曲目は名曲「ついておいで」なのですが、初めて聴いた僕は受け入れることができませんでした。そしていつまでたっても、あの175を使ったディレイ・サウンドが出てきません。
 B面1曲めでいつものディレイ・サウンドと8ビートっぽい曲が出てきましたが、アメリカン・ガレージの方が数倍カッコ良いと思いました。続けて「オフランプ」であのギタシンセーが炸裂します。正直聴き続けることができませんでした。

 要は、あの名曲「ジェイムス」までたどり着くことができずにこのアルバムは「ジ・エンド」でした(笑)。


 「ジェイムスってそんなに良いのか!」

 うちに帰って、早速B面3曲目に針を落とします。

 感動しました。メセニーのギターもライルのピアノも最高です。インスト音楽を聴いて初めて涙を流した瞬間でした。

 この日以来何万回この曲を色々なテイクで聴いてきましたが。このテイクが一番好きなテイクかもしれません。

 「オフランプ」はやはり今聴いても問題作と思います。ツェッペリンのアルバムに例えると「サード・アルバム」ですね(笑)。もちろん今では例の「シンセの音」も「ついておいで」も大好きですが、保守的な僕には最初はどうしても受け入れがたい問題作でした。

プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR