ジャズギター裏口入学(19)

【まずどんな曲から練習を始めるか(4)】

 今回は「一発もの」といわれる曲について学習のポイントを話そうと思います。

 「一発もの」、ここでは「ソロの部分がコード変化がないもの」あるいは「コード変化はあるものの一つのスケールで弾けてしまうもの」と定義します。乱暴に分けてしまうと「マイナー7th一発」と「7th一発」に大きく分けられると思います。ここではジャズの中では比較的多い「マイナー7th一発」のことについて限定して説明します。

 代表的な曲はやはりマイルス・デイビスの「ソー・ホワット」「マイルストーン」と思いますが、それ以外でも色々なミュージシャンがこの形式を借りてオリジナルの楽曲を作っています。

 この「マイナー7th一発」形式の楽曲を学ぶことは大きく3つのメリットがあります。

(1)フレーズのストックを増やせる
 とにかく、コードが一つなわけですから、コード進行やチェンジ、あるいはスケールを気にかけずにどんどんコピーしていくことができます。マイナー7th一発ですから、基本はドリアン・スケールをメインで演奏しているケースが多いですので、このスケールを把握していれば、何とか採譜もできるはずです。そして、ドリアンスケールはマイナーペンタトニックの音を含んだスケールですから、応用範囲がとても広く、どんどん実践で使っていけます。

(2)コードのバリエーションを身につけることができる
 一発コードだからと言って、同じポジションのマイナー7thコードを延々弾き続けているギタリストなんていません。たった一つのコードネーム、たとえばDm7の中で、ギタリストたちはさまざまなポジションで色々な音を含んだコードを弾いています。これを採譜することで、逆に皆さんが譜面の中でマイナー7thコードを見て弾くときのバリエーションを身に着けることができます。また、ここでは言葉の意味は説明しませんが、マイナー7th一発特有の「モードっぽい4度重ね」のかっこいいコードを身につけることができます。そして、この和音を普通のスタンダードにさりげなく利用するととってもモダンなかっこいい演奏ができます。

(3)アウトサイドのプレイを学べる。
 (2)のコード同様に、マイナー7thだからと言って、「ドリアン・スケール」だけで演奏している人なんていません。単調さを避けるため、皆、色々なスケールを駆使して、かっこいいアウトサイドラインを弾いています。なんたって「ドリアン・スケール」を中心としたマイナースケール以外のスケールを弾けば、ある意味「アウトサイド」と言えるわけですから。

 次回は、今日書いた内容が具体的にどのようなことかを譜面と動画を使ってわかりやすく説明しようと思います!

 お楽しみに!

fullaco.jpg




 

Jazz Rock 必見動画!(24)

【John Scofield & Chris Minh Doky / Alone Together】



 再生回数を見ると紹介するまでもない有名な動画なのかもしれませんが、僕は初めて見ました。

 10年ほど前の映像のようですね。しかも、珍しくデュオで、スタンダート、そしてほぼクリーン・トーン、そしてライブでのグリグリという感じではなく、程よく力が抜けた、また映像作品を意識してかアドリブもワンコーラスにすっきりまとめ、演奏はもう素晴らしいの一言ですね。

 こんなジョン・スコなら何時間でも聴いていたいですね。もちろん、グリグリのジョン・スコも好きですが・・・。ワーミー・ペダルを使うのは、ちょっと・・・・。

 前も書きましたが、こんなスタンダード・アルバムをぜひ作ってほしいですね。キース・ジャレットのスタンダーズ・アルバムの様にいろんな時期の色んなスタンダードをジョン・スコで聴いてみたいです。


jsduo.png

僕の音楽史(81)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ライトは他の大学サークルと同様で夏と冬の年2回に合宿に行きます。その合宿はそれぞれ目的があって、夏は「山野ビックバンドコンテスト」に向けての強化練習、冬は3月に行われる「リサイタル」のための練習という事でした。数か月在籍していた感じでは「遊びに行く」感じではないことは容易に想像できましたが、ジュニア・バンドの先輩達からは色々と聞かされてはいました。

 今振り返ってみると、この合宿前がライトを辞めるラスト・チャンスだったのかもしれません(笑)。夏合宿までのわずかばかりの練習のない休みで、少しづつ行くのが面倒になっていましたし、「秋山一将」さんのフレーズ・コピーを始めた頃でレギュラー練習にお付き合いする時間が正直もったいないと思っていました。

 秋山さんを聴きこんでいくうちに、「ジョージ・ベンソン」とのフレーズの共通点をかなり見つけました。「秋山さんもベンソンの事を相当研究してるな?」と思いました。以前同期の川島君から録音してもらった「ブリージン」に合わせて、「イン・フライト」も録音してもらい、併せて徹底的にコピーを始めました。ただ、この時点での僕のギターレベルでは二人の速いパッセージなどは採譜不可能でしたし、たとえできたにしても弾くことはできませんでしたので、ゆっくりなテンポのフレーズを中心にコピーしていきました。

benben.jpg

 
 ライトのレギュラー・バンドの練習時に、ジュニア・バンドのメンバーはいつのころからか交代で「デンスケ番」ってのをやらされていました。

 「デンスケ」

 これは70年代に音楽に携わった人なら知っていると思いますが、ソニーの名器「カセット・デンスケ」のことです。

tc-2850sd.jpg


 「デンスケ番」ってのは何をやるかって言うと、レギュラーの練習の時にこの「カセット・デンスケ」の前に座り、練習を逐一録音し、コンサート・マスター(以後コンマス)の指示のもとに「頭出し」をして「プレイバック再生」する係です。今の時代のデジタル録音ではありませんので、「一発頭出し」は出来ません。コンマスが皆に指示を与えている間に、メーターを「000」に合わせ、録音ボタンとポーズをかけて待機します。そして、演奏が始まると同時にポーズを解除して録音します。そして、コンマスが演奏を止めると同時に録音を止め、メーター「000」を目安にカセットの頭出しをして、コンマスのプレイバックの指示で再生・・・・。この繰り返しです。慣れるまでは録音に失敗したり、頭出しにまごついたりする事もあり、ひどく怒られました。

 とにかく、こんな時間を無駄にしないためには、なんか意味を見出さなくてはいけませんので、以前も書きましたが、僕はこの機会に「レギュラー・メンバーの演奏の通信簿」を心の中でつけていました(笑)。練習の中で、セクションごとに何度も同じ箇所をやり直させられたり、時には放し飼い(一人でみんなの前で演奏させられること)になったりしていたので、全員の演奏を聴く絶好の機会でした。そして、「ジャズ」と「ジャズ以外」「ブラス・バンド」のノリの違いや「個々のインプロビゼーションの力量」などがよくわかりました。先輩達には失礼と思いましたが、こんな事でもやってないと、やる意味が見いだせなかったのです。



 合宿が近づきました。ジュニア・バンドのバンド・マスターでもあり、レギュラー・ドラマーでもあるD年の中村さんが合宿初めての我々C年に合宿の注意事項を話します。

 「写譜ペンを必ず持ってくること」

 「写譜ペン???」

Pat Martino奏法研究(65)

【第7章】 グルーブの秘密(4)

 今回はPatの「グルーブ」や「ノリ」の重要な要素となっている「繰り返し」と「規則性」について解説します。

 まずは下の譜面と動画をご覧ください。

nori_000028.jpg



 このフレーズ、ロックギタリストもよく使う3連フレーズですね。彼はこのフレーズ(いくつかバリエーションがあるのですが)を「一体いつまでやるんじゃい!」てくらいまで延々とやり続けます。これを1拍の3連符でやるとリッチー・ブラックモアです(笑)。でも、パットの場合はちょっと違っていて、「8分音符の3つ取り」とでもいうのでしょうか、3つの音の頭のF#音が微妙にずれていきます。8分音符を3つで取ってるわけですから、4拍子の中でやると3と8(1小節は4拍で8分音符が8個)の公倍数、「24」、つまり8分音符24個分の3小節で1回転して元に戻ってくる感じです。

 「グルーブ」「ノリ」という意味で注目してほしいことを2つ書きますね。

 一つ目は譜面の手書きアクセント記号の部分、3連の3番目の音であるB♭音、これを少しだけ強調して弾きます。そして、2番目のG音は少し弱め。ただ動画は音を確認する意味でも多少単調に弾いています。
 ただ、パット本人も無機質な感じでやりたいときはあえてこの強弱をつけずに弾くこともありますし、逆に盛り上がって「どうだ!まいったか!」って時はあえて強調してアクセント付けたりとまちまちです。

 2つ目、今回はこれが一番のポイントなのですが、F#→Gの半音の部分で譜面のスラー記号の部分だけは、ピッキングせずにハンマリングで音を出します。そして、最大ポイントですよ!このF#→Gをピッキングとスラーで弾くことを、必ず交互にやります。そう、必ず交互ですよ!!彼の3連のこの手のフレーズは全てこういう風に弾きます。下の動画でピッキングを確認してください。わかりやすいように動きを大きくしてます。





 この「繰り返し」と「規則性」、そして「規則性の繰り返し」、これが彼の「グルーブ」「ノリ」の重要な要素のひとつです。


 次回は彼のフレーズから「規則性の繰り返し」のもう一つの際立った例をご紹介します。

 お楽しみに!

 

ジャズギター裏口入学(18)

【まずどんな曲から練習を始めるか(3)】

 前回ブルースの時に下の様な事を書きました。

 「単音で弾けるようになったら、曲によってはハモリ(3度や6度)、オクターブ、譜割を変えるなどちょっとだけアレンジしてみると良いと思います。」

 このことについて具体的にどういう事かを説明しますね。何故かと言うと、これが初心者と中級以上のプレイヤーの大きな違いと思うからです。

 題材はB♭のブルース「ブルー・モンク」で解説します。

 まずは単音で弾いてみますよ。


 あえて単調に弾いてますが、もう少し気持ちを込めて弾いてあげるだけで、単音でも十分オーケーかもです。ただ、一人で弾いているとそうでもないですが、バンドの中でやると、ギターの音は思いの他しょぼくて、これではなんか物足りなく感じます。

 三度でハモッてみます。ガットギターなので、ちょっとキュッキュッとうるさいですがご勘弁を!




 一音追加しただけで音に厚みが出ますよね。でも、三度のハモリって、なんか普通ポカったりしますよね。今度は6度でハモってみますよ。



 どうですか?少し、モダンな感じがしませんか?

 最後に、3度ハモりから始めて2コーラス目で6度、そして自分なりにところどころ譜割りを変えたりして、自由にに弾いてみます。


 
 単音でテーマが弾けるようになったら、それで「俺はXXの曲が弾ける」って人が多いです。自分の大好きなギタリストの演奏をよく聴いてみてください。テーマをただ譜面通りに単音だけで弾いているギタリストはいませんよね?みんないろいろ工夫して弾いてます。そして、それがその人の個性ですよね?

 単音で弾けるようになったら、色々なギタリストの演奏を参考に、自分のレベルにあったアイディア、アレンジを施して演奏するようにしてください。その重要性は、ひとりでメトロノームに合わせて練習していては気が付きません。他の楽器と演奏し、ギターの生音の弱さに気が付き、そんな中で「自分の音を聴いてもらえるにはどうしたら良いか?」とか「音のしょぼさを逆に利用する手はないか?」など色々考えないとだめですよ。

 次回は「一発もの」についての学習法について書こうと思います。

 
 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR