FC2ブログ

ジャズギター裏口入学(29)

【アドリブ練習のやり方(2)】

 前回「とにかく、そんな細かいこと気にせず、「2−5−1」や「3−6−2−5」などと思しきものは、ひとつひとつのコードやテンションなど気にすることなどなく、まずは「ひとつの塊」としてまるごとコピーして、徹底的に繰り返し練習し、弾ける様になることが重要と思います。」とお話ししましたが、具体的にやり方を説明します。

 動画を2つ用意しました。いずれも、CのキーのⅡーVーIー(Ⅵ)のバッキングでいわゆる「ジャズの定石フレーズ」を弾いています。





 最初の動画の1フレーズ目は「ドレミ・・・だけしか使わずに弾いてみたもの」、2フレーズ目は「ドレドラ16分音符をクロマチックで降りていき、G7でちょっとだけオルタードスケールを使ってみる」といったいかにもジャズっぽいフレーズ。ともに初級編のフレーズです。

 2番目の動画の1フレーズ目は「Dm7♭5をFmにコンバージョンしてFmのアルペジオ・フレーズを弾き、クロマッチックで上昇してGのオルタードに解決」説明すると難解ですね(笑)。逆に次のフレーズはコード進行考えず、ブルース・ペンタトニック一発で決める!

 前回僕が

「理解している。でも、弾けない。」と「分からない。でも、弾ける。」 皆さんは、まずはどっちを選びますか?

 と問うて、一部の方に誤解されたり、あるいは気分を害した方もいたようですが、次のようなことを言いたかっただけなのです。

 例えば、上のようなフレーズ、どういう考えに基づいたフレーズかを説明すると、上に書いたカッコの中の内容になると思います。まだ別の説明や解釈もできます。そして、この説明や分析は「今の僕」だからできるのであって、ジャズ初心者の方がこのフレーズの分析ができるかというと、特に2、3番目のフレーズなんかは難しくてわからないでしょう?

 僕が言いたいのは、「理解できない、ゆえにこのフレーズを弾かない(弾けない)」ってのはもったいないでしょう?だったら、まずは「分からなくてもこのフレーズが弾ける」ようになった方が良いのでは?てことなのです。あくまで「まずは」ですよ!

 僕の書き方も良くなかったのかもしれませんが、「何も分かる必要がない」なんてことを言いたいのではありません。初心者の時は少なくとも「分かる」より「弾ける」を優先させた方が良いのでは?と僕は考えてるだけ。もっと言うと、「僕はそのように考えてやってきました。参考になりますか?」って言ってるだけなのです。しかも、このコーナー、「裏口入学」なのですから!

 弾けるようになって、わからないなりにもそのフレーズを何度も弾いているうちにバンド仲間はこう言います。「かっこいいフレーズ弾いてるね?オルタードスケールをうまく使ってるね?!」なんて教えてくれたりして、気がつくと「わかって弾ける」ようになってますから。

 次回ももう少しこの話題を取り上げたいと思っています。

 ここがその後の上達、「初級から中級」に行けるかどうかの分かれ目と思うからです。

IMG_0794.jpg

僕の音楽史(98)

【大学2年生(1981〜82年)】

 新潟時代からの親友新保くんに久々に会ってロック談義に花が咲いていたのと、ライトのレギュラーではなかったこともあって一時的にジャズから離れていましたが、そうこうしているうちに夏休みとなり、恒例の夏合宿が始まりました。昨年同様に苗場「ブルーリッジ」だったと思います。

 昨年までは「写譜」と「デンスケ番」で睡眠時間も取れないほど忙しかったのですが、D年イレギュラーはやることがありません。同学年の友人たちも僕とピアニスト女子以外はめでたくレギュラー・メンバーになっていたので、部屋は同じでしたが、練習が終わってから夜寝るまでの飲み以外は話すこともなく退屈でした。

 昼はなるべくギターの練習、秋山さんやジョージ・ベンソン、ブルース・フォアマンなどのコピーをやっていましたが、カセット・テープ何本かの限られた音源しか持ち込まなかったので、あんまりはかどっていたとは言えません。

僕が合宿で人前で弾いたのは、確か最終日のジュニア・バンドの発表会の時だけですね。その時の模様をとった写真を以前後輩からいただいたので、恥ずかしいですがお見せします。本邦初公開ですね!

IMG_0879.jpg IMG_0880.jpg


 当時僕は大学入学祝いで親から買ってもらったヤマハのセミアコSA-1200(ワインレッド)をメインに使っていました。リトナーやカールトン全盛期でもあって、ジャズ、フュージョン系のギタリストは皆使っていましたね。もう一本ヤマハのフルアコSE-2000も持っていましたが、ほとんど使っていませんでした。家でたまに弾いていましたが、ほとんどはセミアコで通していましたね。

 写真を見ると上手そうに見えるでしょう(笑)?でも、実際のところはブルースや一発ものくらいしか思う様に弾けなかったですし、スタンダードはほんの数曲くらいしか知りませんでしたね。右手のピッキングは当時も今と同様にすごく悩んでいて、フュージョン系のエコノミー・ピッキングやベンソンの様な逆アングルなど色々試していたりしていました。もともと手首が硬く動きが大きいこともあって、一音一音ピッキングした早弾きは苦手でした。カシオペアの「ブラック・ジョーク」やリトナーも「キャプテン・フィンガーズ」のユニゾンなどは必死に練習していましたが、結局弾ける様にはなりませんでした。その分、左手は他人と比べて随分と滑らかによく動くなと感じていました。握力も相当強力なのではと思います。これは、今も変わっていませんね。

 こんな感じで合宿は終わりました。

 そして、ピアニストの寺さんはこの後の山野ビッグバンド・コンテストでは「最優秀ソリスト賞」を獲りました。そして、ライトは確か準優勝でしたね、確か。曲は何やったかは全く記憶にないですが(笑)。

マイナー・コンバージョン・コンセプト(2)

【マイナー・コンバージョン・コンセプトとはどんなコンセプトか?(1)】

 この講座の読者の中には「マイナー・コンバージョン・コンセプト」について「全て理解していて、すでに演奏に取り入れている方」や「予備知識を多少は持っている方」、また「なんのことやらさっぱり.....」とレベルはまちまちだと思います。すでに理解されている方にはこれから何回かは少しじれったい話になりますが、初めて聞くという方を前提に説明していく事とします。

「マイナー・コンバージョン・コンセプト」

 「マイナー」、これは和音(コード)でいうところの「メジャー」「マイナー」の「マイナー」の意味です。

 「コンバージョン」、和訳すると「転換、変換」です。

 「コンセプト」はご存知の様に「概念、考え方」ですね。

 統合するとすると「マイナーに転換する概念」、言葉を補ってわかりやすく言うと


「(メジャーもマイナーもその他のコードも)マイナーに(頭の中で)転換する(置き換えて考えて演奏する)概念」

 
 と言うことになります。

 大半の方は上の様な話を聞くと誤解してこう言います。

 「CメジャーをCマイナーで弾いたって合うわけないですよね?」

 意外とこの様に考えている人が実は多くて「突拍子も無い理論だな!なんか難しそう。俺には無理!」で終わっている人がたくさんいるのです。


 違うんです!マイナー・コンバージョンでは、先に答えを言ってしまいますが

 「C△はAm」と考えるのです。
  ※Key=Cの場合です。

 あるいは「G7はDm」「Bm7♭5はDm」「EmはEm」・・・・・・


  ここでは、まだ「何でそんなコードに置き換えることができる?」は説明しませんが、要するに

 「色々なコードが出てきても頭の中ではマイナー・コードに置き換えて(コンバージョンして)考えて弾く。」

 これが「マイナー・コンバージョン・コンセプト」の大まかな考え方です。


 次回は、

「上の様なコンバージョンがなぜ可能か?」

「そもそも何でコンバージョンするのか(どんなメリットがあるのか)?」

「なんで(メジャーではなく)マイナーにコンバージョンするのか?」

 について説明しようと思います。



 随時質問を受け付けております!

 お気軽にどうぞ!

【ギターレッスンします】
自宅およびSkypeでのレッスンを行なっています。
興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

IMG_0794.jpg

 

僕のレコード棚公開します!(50)

【キャプテン・フィンガーズ / リー・リトナー】

IMG_0859.jpg

【メンバー】
リー・リトナー(g)デイブ・グルーシン(p)アンソニー・ジャクソン(b)ハービー・メイソン(ds)他
【曲目】
キャプテン・フィンガーズ/ドルフィン・ドリームズ/フライ・バイ・ナイト/イズント・シー・ラブリー他

 リトナーのセカンド・リーダー・アルバムです。1976年の録音ですから、僕はまだ中学3年、ツェッペリンやパープル、ベックなんかに夢中だった頃、すでにギター界ではこんなサウンド(クロスオーバー)のムーブメントが起きていたなんて全く知りませんでした。

 僕はこのアルバムを購入したのは大学1年の頃です。素晴らしいアルバムと思いましたが、すでに1年ほど前に「リトナー&ジェントルソウツ」の一連のダイレクト・カットや六本木ピットインの伝説のライブ音源をすでに聴いていたので、このアルバムの代表曲には少し物足りなく感じてしまいました。最初にライブ演奏を聴くとどうしてもそう感じてしまいますよね?!

 このアルバムが悪いわけではありません。素晴らしいアルバムですよ。

 このフュージョン(クロスオーバー)創世記のサウンド、古臭いと言わずに皆さんにも聴いてほしいと思います!

ギター購入騒動記(50)

2018年8月 まだまだギター購買意欲は止まりません(2)

 相変わらず購買意欲は高まっていて、毎日「ヤフオク」「デジマート」や御茶ノ水界隈のギターショップのHPを見ているのですが(笑)、今回は少しどうして良いか分からないでいるので、皆さんの無責任な(笑)意見を聞いて見たいと思います。

 今現在は候補としては2つです。

 まずは、「Gibson ES−175」です。僕のブログやFacebookなどを見ていただいている方はご存知と思いますが、すでに91年製の175NTを所有していて、約30年余りメイン楽器として使用しています。この楽器については、とても気に入っていて絶対に手放すつもりはありませんし、今まで一度もトラブルのない素晴らしい楽器です。
 最近この175が「マイ・ブーム」でして、勢いで「Greco」のコピー・モデルを買ってしまいましたが(別の意味で素晴らしい楽器でした!)もう一本175が欲しくなっちゃいました。いつもの吉祥寺でも写真右の綺麗なナチュラルの175を見つけたり、「Greco」を買った店に置いてあったビンテージの175を見たことも大きな理由ですね。

350_productphoto_5a6d6b49-4310-4c.jpg IMG_0855.jpg


 もう一つの候補は下写真の「ギター・プラネットのオリジナル」もの、このギターが非常に気になっています。たまたま御茶ノ水で立ち寄った時に弾かせてもらって(写真左やつ)その素晴らしさにちょっとびっくりです。音もそうですが、作りがものすごく丁寧で弾き心地が抜群でした。そして、今日HPを見てみると新たに「レスポール・サイズのFホール(写真中・右)」という僕にとってまさに理想のギターが新しく発売されていて、ますます惹かれてしまっています。

0524_1.jpg 5603_1.jpg 5601_1.jpg


 値段的には「ギター・プラネット」の方が多少安あがりかなと思います。今度買おうと思っている175はピックアップひとつのビンテージ物を狙っているし、色々弾き比べて少なくても今持っている175を超えるものを買いたいので少なくとも40万くらいはするかなと思います。


 175を買うことで引っかかっていることは次の1点。個体差はあるとは言っても、もう既に1本所有しているのに、果たしてそんなお金を出す価値や意味があるのかということ。要は、飽きちゃわないかな?ってこと。

 一方「ギター・プラネット」を買うことで引っかかっていることは、ただ一つ。「Gibson」や「Fender」じゃない、要は有名ブランドじゃないってこと。「音」とは関係ないですが、これって意外に重要だったりします。

 とにかく、「こんどは安物買い」は絶対辞めるつもりなので、じっくり考えます。そして、その間にお金を貯めなくてはなと思います(笑)。


 みなさんが僕の立場だったら、どっちを買いますが?あるいは何を買いますか?

 もっとも、一番良いのは何も買わないことなのはわかっているのですが...(笑)。

 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR