FC2ブログ

2018年10月新潟ライブ紀行(11)

 1セットが終わりました。普通なら2セット目に向けて自分の気持ちをリラックスした状態に持っていくため、見にきてくれたお客様と談笑を楽しむのが常ですが、例のアクシデントのため自らはそんな気になりませんでした。ギターの音量の件も気になりましたが、それより左手の指をなんとかしなければと言う思いでいっぱいでした。僕のブログを読んでくれていて、今日の演奏を楽しみに来てくれたお客様に話しかけられて、色々と話したりもしましたが、実は「心ここにあらず」で何を話したのかも覚えていません。また、今回の新潟演奏の実現のため相談に乗ってくれたり、アドバイスや協力をしてくれ、わざわざ聴きにきてくれたSuSuさんとも沢山話したかったのですが、それもできませんでした。大変申し訳ない気持ちで一杯です。

 この状況を柳君に相談しました。「水分がたりないのでは?ポカリスウェットを飲むといいですよ!」と、わざわざ外の自販機で買って来てくれました。ママのあっこさんは、わざわざ暖かいタオルを用意してくれました。いつもは人の言うことなんて聞きもしない頑固なギタリストも、さすがにこんな時は何かにすがる思いで彼らの言う通りにしました。親切なお二人に感謝します!

 「柳君、曲を1曲変更するよ。」

 実は2セットでジム・ホールの楽曲「ワルツ・ニュー」を演奏するつもりでした。「いつか王子様が」のコード進行に乗せて、ピアノとギターのちょっと複雑なユニゾンのテーマがある楽曲です。二人のデュオはガンガンと飛ばす曲が多い中、この曲を演奏することが非常に効果的と考えていましたし、結構2人で練習してきたので、絶対やりたかったのですが、こんな指の状態ではとても集中して弾き切る自身がありませんでした。

 2セットが始まりました。結論から言うと、おかげさまで「左指のつり」は一度も起きませんでした。

 一曲目の「Visit」は3拍子の速い曲。がっつり弾きまくりましたが、指は平気だったこともあって、とりあえずほっと胸を撫でおろし、結構冷静な気持ちを取り戻せたと思います。次の曲はゆったりとした「ソーティス」、3曲目は先ほど書いたように「ワルツ・ニュー」からスタンダード「グレイター・ラブ」に変更したので、演奏中にアクシデントが起きても充分対処できます。そして、メセニーの「トラベルズ」〜エンディングの「グレイト・ストリーム」のピアノとのユニゾン〜弾きまくりで予定の演奏は終了しました。

 東京では残念なことにあまりアンコールを要求されることはないのですが、「アンコール」の拍手をいただきました。本当に嬉しかったですね。これだからミュージシャンは辞められません。

 先ほど演奏をやめた「ワルツ・ニュー」は「いつか王子様が」の「替え歌」と言うこともあったので、アンコールはあえて「いつか王子様が」を演奏しました。2セットはスタート時には気が動転していて、レコーダーを回していなかったので、プレイバックを聴くことはできませんが、今までこんなに気持ちよくこの曲を演奏できたことはありません。それほど「気」「パッション」の入った演奏ができたと思います。

 こうして、新潟のライブは終了しました。色々ありましたが、結果的にはとても満足のいく演奏ができました。


 次回はこの後のジャムと打ち上げ、そして今後の計画を書いて、ひとまず締めくくろうと思います。


44569168_1154167704761611_4546015255506976768_n.jpg

44433593_1275412312596240_3389273231461449728_n.jpg

flash.jpg


ギター購入騒動記(68)

2018年11月10日 Orville by Gibson ES-175 ゲット!

 OrvilleのES-175を11月3日に取り置きしてから、なかなかお店に行く時間がありませんでした。その間はギタープラネットのHPの写真を見て、もうすぐ我が家にやってくる息子を眺めていました。買おうという気持ちは一度もブレませんでした。

 そう言えば、この前紹介したパットのシグネイチャーモデルはあっという間にSoldになっていました。僕のブログを見た人が購入したのでしょうか(笑)?

 そして、やっと昨日11月10日に時間の余裕ができたので、あらかじめ店員Sさんにメッセージを送ったのちに契約に行きました。

 すでにOrville ES-175はスタンドに立てられ、他の楽器から離れたフロア全面に置かれ、僕の到着を待っていました。そんな訳ないか(笑)。Sさんの心憎い演出ですね。

 あまり時間もないですし、家で存分に弾こうと思ったので敢えてもう試奏はしませんでした。

 またしても、安く売ってくれました!

 「武田さん特別価格で!」なんて、とても気分がいいですよね。いいんですよ、別に僕以外の人にも安くお売りしているのかもしれないですが(笑)、そんなことどうだっていいんです。

 やはり、楽器はお店に足を運んで買わなくてはダメですよ!それによって、購入楽器に「購入時の店員さんのやりとり」「その時のワクワクした想い」みたいなその時の色々な情報が吹き込まれます。「ネットでポチ」では絶対にこんな気持ちは生まれません。そうは言っても「楽器を探す」のはネットには勝てません。今回のOrville 175だってこの前の775だって、足を運んで探していても絶対に手に入れることはできませんでした。

 「ネットで探し、気になる楽器を見つけたら足を運ぶ」

 そして

 「迷ったら買う!」

 僕の楽器購入のポリシーです。


 次回からは番外編として、ES-175の5兄弟一本一本の詳細やサウンドを僕の感想やアドバイスなどを交えて動画を使いながら皆さんにお伝えしていこうと思います。皆さんが楽器購入の時の参考にしてください!!

 お楽しみに。

【2018年11月10日時点での所有楽器・機材】
<Guitar>
ES-175NT (Gibson) 91年新品で購入
GA40SFCE-NT(Ibanez) 16年新品で購入
Telecaster (Fender Japan) 16年中古で購入
SG Special 2014 (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Special (Gibson) 16年中古で購入
LesPaul Cusutom All Mahogany WR (Gibson) 17年中古で購入
Anygig AGN Nylon Full Scale Crassic Travel Guitar  17年新品で購入
Celebrity Elite Limited Edition CE44 Reverse Blue Burst (Ovaition) 18年新品で購入
FA67-75(Greco) 18年中古で購入
ES-775 1990(Gibson)18年中古で購入
FA-GP C/BLD(Tokai)18年新品で購入
ES−175 Orville by Gibson 18年中古で購入

<Effect>
Micro ABY (Fender)A/B Box 16年新品購入
Ditto Looper (TC Erectronic) ルーパー 16年ヤフオクで落札
GP-10 ギタープロセッサー 16年新品(?)で購入
GK-3 X 3 ピックアップ 16年購入
GT-1 (BOSS) マルチエフェクター 18年新品購入

<Amp>
RhythmMini5(Vox) 14年新品購入
VT40X (Limited Edition) 17年中古で購入
VFS-5 17年ヤフオクで落札
 
IMG_1376.jpg IMG_1378.jpg
IMG_1380.jpg IMG_1377.jpg

IMG_1383.jpg

 

 

2018年10月新潟ライブ紀行(10)

 ギターショップ「あぽろん」から戻り、そろそろ開場時間となりました。正直集客は心配でしたが、親戚の方や新潟時代の音楽関連の知り合い、そして何よりも嬉しかったのが僕のこのブログを読んでくれていて来ている方もいらっしゃいました。そして、高校時代のクラスメイト、Facebookで知り合ったコアなジャズファンであるSuSuさんや柳君のファンなど本当にたくさんの方々に来ていただきました。

 ほぼ予定通り演奏を始めました。最終的にはすごく楽しいライブで終えることができましたが、裏では2つの大きなアクシデントに見舞われ、演奏が始まる前とは一転して実は気が動転していました。ライブの実況レポートをしながら言い訳がましくそのことについて書かせてもらいます(笑)。今回は1stセットについて。

 一曲目はパット・マルティーノの「Interchange」。この曲の途中、ソロが終わり柳君のピアノにソロを受け渡したあたりにアクシデントが起きました。バッキングしていて「あれ、音量(音圧)が少し落ちたな?」と感じました。「ボリューム・ペダルを手前に踏みすぎたかな?」と思い、色々調整してもやはり変です。そうこうしているうちに一曲目は終わりました。続けて予定通り間髪入れずに高速「Rhythmaning」。本当は1曲目終了の後にアンプやエフェクターを確認した方が良かったのかもしれませんが、「ステージの流れや緊張感」をとぎれさせないことを優先して、一気に演奏に突入。やはり明らか音量が8掛けくらいな感じです。

 演奏していて思い出しました。以前も東京のライブで同じようなことがありました。原因は分からずじまいで、その後は起きなかったので気にすることもなかったのですが、何もこんな大事なライブでまた起きることはないだろう!と悔しい思いでした。多分エフェクターを接続している短いシールドかアダプターの一部断線等が原因と思います。東京で起きた時にアンプのヴォリュームを上げて対応したのですが、突然正常に戻ってしまい、大音量になってしまったことがありました。そのままの状態でいつも以上にアタックを強く弾けばなんとかなると判断し、もう余計なことを考えずに忘れようと務めました。

 3曲目の「Monday Blues」で2つ目のアクシデントが起きました。テーマはギターのみでスタートするのですが、5小節目のある運指に行くと左手の薬指と小指が急にくっ付いてしまう症状、要は指がつるってやつが起きて演奏が続けられません。これも何年かにいっぺんくらい起きることがあったのですが、ここまで酷いのは初めてです。

 演奏を止めるってのは、絶対あってはいけないことなのですが、さすがに中断せざるを得ませんでした。お客さんには「緊張して忘れた」なんてごまかしていましたが、もう気持ちが舞い上がってしまいました。柳君のフォローもあってなんとか乗り切りましたが、本当に穴があったら入りたい気分でした。

 4曲目「Old Folks」そして1stセット最後の「80/81」は幸い症状は出ませんでしたが、「また指がつったらどうしよう」と演奏中に気になって少し消極的な演奏になってしまった気がします。音量も相変わらず8掛けでした。

 色々言い訳がましく書いてしまいましたが、東京に戻ってプレイバックを聴くと、実はそんなに悪い演奏ではなく、逆に「Rhythmaning」は自分で言うのもなんですが、結構すごい演奏していたりしてました。昔の自分だったら、このようなアクシデントに見舞われた時には、演奏は惨憺たるものになっていたと思うのですが、少しは俺も成長したなと思いました。「新潟ジャズの聖地ジャズフラッシュで演奏させてもらっている」「演奏を楽しみにしていた人たちが沢山聴いてくれている」そんな気持ちからなんとか持ちこたえることができたのだと思います。

 柳君は絶好調なだけになんとか2ndでは挽回しようと思いました。

44569168_1154167704761611_4546015255506976768_n.jpg 44433593_1275412312596240_3389273231461449728_n.jpg


 

マイナー・コンバージョン・コンセプト(9)

【 D7(9) → Am6 (1)】

 次は7thコードのコンバージョンの考え方です。ここでいう7thコードはⅡ-V7のV7の部分ではなく( I に向かうV7ではなく)、どちらかというと「7thコード一発」でのコンバージョンと考えてください。

 下の指板図ですが、まずは上のD7(9)。皆さんが馴染みのあるコードの押さえ方ですよね。赤丸がルートです。このルートのD、5弦5フレットを6弦5フレットのAに変更すると、このコードはAm6となりますよね。これが下の指板図です。バンドでベースの人がいる場合は5弦や6弦のルートはベースに弾いてもらうことも多いので、2つのコードD7(9)とAm6は同じように考えられます。したがって、D7一発の時はAm6と考えてAマイナー(ドリアン)スケールでアドリブすることができると考えられます。

CCF20181109_2.jpg


 下の譜面をご覧ください。D7は一般的な理論書ではDミクソリディアンで弾くって書いてありますよね。一方、上の説明ではAドリアンで弾くと書きました。違うじゃないか!と思ってる方は下の譜面を見てください。結局は同じことを別の角度から言っているだけです。Dミクソリディアン・スケール、Dから始めればDミクソリディアンですが、Aから始めればAドリアンな訳ですから、使っている音は同じです。だからこそコンバージョンできるのですよ。

CCF20181109.jpg


 

 


 

僕の音楽史(112)

【大学3年生(1982年〜83年)】

 大学3年になりました。というか、なんとか進級できました(笑)。僕が在籍していた慶應大学商学部は3年からは校舎が日吉から三田になります。といいつつ必修科目を落としていたので、週に何回かは日吉に行くハメになりました。でも、決して行くことはありませんでした(笑)。僕以外の同期のメンバーはゼミに入って、ライトとの両立が大変そうでしたが、僕はハナっからゼミになんか入るつもりはありませんでした(笑)。授業も相変わらず出席などしません。したがって、三田とはいっても、ライトの練習で週に2回、ほんの2時間ばかり学校に行くだけで、しかも夜2時間ほど行くだけなので、なんら生活は変わりがない、それどころか却って暇になりました。

 ライトのメンバーも卒業とともに多少の入れ替わりがありました。身近なところでは、ピアノの寺さんが卒業したことで、ピアニストはF年(4年)久野さんという女性ピアニストに変わりました。

 リズム隊4人(ピアノ、ギター、ベース、ドラム)は管楽器のセクションとは違い、レギュラーのポジションが一人だけですので、一学年違いの先輩がいると4年までレギュラーの座は回って来ませんし、下から自分より上手い奴が入って来たらレギュラーになることができません。僕は一学年上の先輩が、とある事情でライトを離れたので、D年(2年)の途中からレギュラーになれたのですが、そんな事情もあって久野さんはF年で満を持してレギュラーになったわけです。

 彼女も寺さんと同様に強力な「絶対音感」の持ち主でありましたし、ビッグバンドのアレンジもこなす才能の持ち主でありました。しかも寺さんのような人の後任としてレギュラー・ポジションに就くのは、本当は随分とプレッシャーがあったと思いますが、それは持ち前のキャラでそんなところを見せることはけっしてありませんでしたし、そんな状況を楽しんでいるようでした。

 
 僕のジャズ・ギターの演奏でいうと、いろいろコピーはしていましたが、やはり理論的なのことが全く理解できず、スタンダードも限られた曲しか弾けませんでした。それも、手本の演奏がないとダメ、そんなレベルでしたね。練習量は人の数倍やっていたと思いますが、根本的なことがまるでわからないために全く応用が利かない、要するに「数学の苦手な人が問題の解法を覚える→ちょっとひねられると解けない」そんな感じでした。

※写真と本文は全く関係ありません。僕がいた頃のライトではありません!

 images-5.jpeg


 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR