僕の音楽史(94)

【大学1年生(1981年)】

 1980年も明け、後期試験が終了するまでの間は、ライトは目立った活動はなかったと思います。そして、後期試験が終わると3月のリサイタルに向けて、ライトは合宿に入ります。このリサイタルは1年間の活動の集大成でもあり、F年(4年)のレギュラーメンバー最後の演奏でもありますので、それにむけての合宿は夏の合宿と同じくらいの厳しい練習に明け暮れる1週間でした。

 確か合宿先は河口湖だったと思います。我々C年(1年)は楽器なんて触ることもなくひたすら「写譜」でした。ただ、以前も書いたように「デンスケ番」ってやつを交代でやっていたので、リサイタルでの演奏曲を聴くことはできました。

 そんな中でも何回かこのブログでも書いてきた先輩アルトサックス奏者「淳平さん」をフューチャーした「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」は最高にカッコよかったように記憶しています。通常の「バラード」での演奏ではなく「アップテンポ」で演奏されていて、テーマを吹くアルトの音色は艶やかで素晴らしかった!同じC年のアルト奏者小林君に聴くと、例のリッチー・コールが「キーパー・オブ・ザ・フレーム」と言うアルバムの中で、そんなアレンジでやっているとのこと。その時のライトの演奏はリッチーのテイクをフルバンドにアレンジしたものであるかどうかは記憶にないのですが、早速録音してもらい、久しぶりにまたリッチー・コールを聴くようになりました。

rckf.jpg

 当時、リッチーのアルバムを聴いて「彼のリーダー・バンドは、何故かギタリストが参加している。珍しい!」と思っていました。アルトが吹くテーマとところどころユニゾンで弾いたり、リッチーの高速ビバップに対応できる素晴らしいギタリストが参加していました。僕がライトのレギュラーになってからも、この「アルトのユニゾン」ってのは譜面に書いてなくても勝手によくやったりしていましたし、大学卒業後に僕のリーダーバンドにアルトをメンバーに加えたりしているのは、実はここから来ています。今まで聴いてきたリッチーのアルバムに参加していたのは「ビック・ジュリス」というギタリストでした。リーダー・アルバムもたまたま見つけ、一枚購入していました。それが下のアルバムですね。

vj.jpg

 彼のギターはもちろん悪くはなかったですし、どちらかと言うと好きなタイプでした。でも、これから話題にしたいギタリストは今後の僕に大きな影響を与えててくれたギタリストで、ビック・ジュリスの後にリッチーのカルテットに参加したギタリスト「ブルース・フォアマン」の方なのです。

bfbf.jpg


 この話はまた次の回にでも。

 あ、肝心のライトのリサイタルの事ですが、正直何も覚えていません(笑)。

 こうして、淳平さんを含むF年のプレイヤー達はリサイタルの後にライトを卒業し、社会人第一歩を踏み出していったのでした。

 お疲れさまでした!!

ギター購入騒動記(46)

2018年7月20日 Greco 175もどき購入(1)

 「勢いで買うのではなく、じっくりと選んで、一生飽きないギター、要は今持っているES-175の代わりも務まるようなギターを買いたいな!」っと考えているはずでしたが、またまた「勢い」で、しかも今までの中で一番の「猛烈な勢い」で買っちまいました。あっ、「ES-175の代わり・・・」って話は目的通りですが(笑)。反省の意味を込めて経緯を書いておこうと思います(笑)。

 久しぶりにギター購買意欲が高まっていたので、これまた久しぶりに「ヤフオク」でギターを物色していました。検索ワードに「ギター」そして「エレキギター」そして「エレキギター レスポール」と少しづつ条件を狭めていきます。気になるギターが2つ程出てきました。

 一つは「ジェフ・ベック・モデルの黒のレスポール」、もう一つは「成毛茂モデルのレスポール」です。下の写真です(実際のヤフオクの写真とは違います)

blp.jpg lpns.jpg




 ともに値段は現在のところ数万くらいになっていました。もともとの購入目的である「一生飽きないギター、要は今持っているES-175の代わりも務まるようなギター」とはまるで違いますが、ルックスは気に入ったので、とりあえず「ウォッチリスト」に追加しておきました。そして2本のギターのメーカーを見てみると偶然にも両方とも「Greco(グレコ)」でした。

 「グレコ!懐かしい!」

 忘れていたメーカー名でした。そして、なつかしさがこみ上げてきました。僕が一番最初に所有したエレキ・ギターは兄が高校入学祝いで買ってもらった「グレコのレスポール」でした。

 検索ワードに「グレコ レスポール」と入れてみます。ザクザク出てきました。色々物色していると、いくつかのギターの詳細解説に次の言葉が出てきます。

 「ジャパン・ビンテージ」

 ふーん、70年代後半から80年代に日本のメーカーが量産していたギブソン、フェンダーのコピーモデルはこんな言葉でもてはやされているのか・・・。中には「本家本元を超えるものもある」と書いてあります。

 僕が昔所有していたグレコのレスポールはまさしくこの時代の楽器でしたが、全く手に感触は残っていませんので、今となっては上の言葉の真偽はわかりません。当時はもちろん「ギブソンが高くて買えなかったからグレコを買った」ってだけで、後ろ向きの理由でしたし、自分のギターの力量は「ブランドに関係なく楽器そのものを評価できるレベル」ではありませんでした。

 「グレコ」というメーカーのギターが気になりだしました。そして、「ジャパン・ビンテージ」を今の自分のレベルでどんなものかか確かめたくなりました。そんな意味でも、「ウオッチリストに登録したか2本のレスポールのうち、一本はゲットしよう!」と思っていました。

 さらに、ヤフオクを検索します。「ギター グレコ」の条件で検索しなおします。

 そこで一枚の写真が目に留まります。

 「えっ!?」


続きをお楽しみに・・・・。

 

ジャズギター裏口入学(26)

【コードとスケールの関係(3)】

 ちょっとタイトルとズレているかもしれませんが、話が前回から続いているので・・・・。

 コードネームとスケールの関係、少なくても7thコード、例えば同じ「G7」でも
①Gブルースの最初のG7
②キーがCの時のG7→C
③キーがB♭の時のG7→Cm7→F7→B♭
 この時点で上の3つは少なくとも「同じG7で考えてはなんかしっくりこない」ことが、ギターを弾いていて体感的に分かっていました。他のケースはまだあるのかもしれないとは思いましたが、そんなものを探し続けてもきりがありません。まず、「わかっていることからはっきりさせ、弾けるようにならないといけない」と思いました。そして、次のような結論に至ります。

 「G7」と考えてはいけなくて、「キーからの変動」で考えれば良いのだ!

 どういうことかと言うと

 ①はキーがGだからG7は「Ⅰ7
 ②はキーがCだからG7は「Ⅴ7
 ③はキーがB♭だからG7「Ⅵ7

仮に曲の中で同じG7が出てきても、もし転調前と転調後でそれぞれG7が出てきたら、違う(機能)G7なんだ!

 ①はGブルース・ペンタトニックがしっくりいきます。もともとロック・ギタリストですから、ペンタのフレーズは沢山ありました。ちょっとだけ、チョーキングを抑えればオーケーです(笑)。
 ②と③は弾けるようになるまでは少し時間がかかりましたが(今でも弾けるといえるかが微妙ですが・・・)、②はオルタード③はハーモニックマイナーP5thビロウってよく言われるやつです。これで、みんな混乱して挫折する人が多いのではと思います。僕も当然のことながら、理論的には全く理解できなかったですし、理解する前に僕は「マイナー・コンバージョン」に行ってしまったので、今でも実は理解ができていません。ですが、「理解することよりまずは弾けるようになることが先決」と考え、とにかくフレーズコピーをし、ストックを増やしながら、体感的に掴んでいきました。その辺の僕の格闘の様子はこの「ジャズギター裏口入学」の(9)~(11)にブルースを題材に詳しく書いてあります。

 こんな状態で少しづつやっていくと、「コード譜面の見え方(読み方?理解の仕方?)」が依然と全く違ってきました。

 次回は、そのことについて書こうと思います。

 お楽しみに!!

IMG_0472.jpg




僕の音楽史(93)

【大学1年生(1980年~81年)】

 ひとつの時代が終わりました。僕の心の中でも一つの区切りがつきました。

 「レッド・ツェッペリンの解散」です。

 ジョン・ボーナム(ds)が9月に亡くなった時の話はこのブログの何回か前に書いたのですが、その後ツェッペリンはどうなっちゃうのかの動向はすごく気にはなっていました。大概のファンの皆さんの考えと同様に(?かな)ボンゾのいないZepはどう考えてもイメージがわかないので、きっと解散するのかなとは正直思っていました。「ディープ・パープル」の黄金時代(?)2期で「イアン・ギラン」が抜けた時、あるいは「イエス」で「ビル・ブラフォード」が抜けた時も似たような感じでイメージがわかなかったものの、新しいメンバーで復活を遂げた例もあるので、新メンバーでの再始動も多少は期待してましたが、結論「やっぱり、これしかなかろう」という感想でした。悲しいけれど、受け入れることができましたし、今考えても「この選択しかなかったのだろう、これで良かったのだ」と思います。

 精神的には、ボーナムが亡くなった時の衝撃よりは、意外に平気だったように記憶しています。やはり、ジャズ、フュージョンにどっぷりとはまっていた時期でもあり、ロックから随分気持ちが遠のいていたからと思います。それでも、1980年の年末はずっとツェッペリンを聴いて過ごしていた感じでした。

zepzep.jpg bbonzoo.jpg



 1980年の年末と言えば、もう一つ僕にとって忘れられないアルバムが発売されていました。それが下のアルバム、「カシオペア」の「メイク・アップ・シティ」でした。

kashiopea.jpg

 このアルバムの楽曲、特に「ジプシー・ウィンド」「アイズ・オブ・マインド」、そしてタイトル曲「メイク・アップ・シティ」はアルバム発売前のスタジオ・ライブをFM東京の番組で録音し既に聴いていた楽曲ということもあり、スタジオ録音テイクを聴くことを楽しみにしていました。

 そんな中で、A面最後のライト・ミュージック出身の先輩「神保彰」さんの作曲した楽曲「リップル・ダンス」は一番のお気に入りでした。ドラムの凄さもさることながら、テーマのメロディも「いかにもカシオペア!」で、もう野呂さんが作った楽曲のようです。ドラマーとして技術的な貢献をしているだけではないのだなーと改めて感じましたし、初めて「リトナー&ジェントル・ソウツ」の「キャプテン・フィンガーズ」を聴いた時の様に興奮した事を覚えています。

 この後も結構長い間カシオペアを聴き続けますが、実はこのアルバムが僕は一番のお気に入りです。野呂さんのクリーン・ト―ンも大好きでしたし、ジャジーな向谷さん、切れ味の良い桜井さん、そしてスーパーな神保さん、この4人での最初の記念すべきスタジオ盤でもあり、時代も後押ししてか、もう「勢い」が全然違います。

 色々なタイプのフュージョンがありますが、ある意味日本のフュージョンの「頂点を極めた作品」と思いますが、どうでしょうか?

ジャズギター裏口入学(25)

【コードとスケールの関係(2)】

 「勿体ぶっていないで、早く書いてあげなさい。」とある人から言われたので、続けて書くことにします(笑)。

僕と先輩とのやり取りです。
質問:「G7はどういうスケールで弾いたらいいです?」
返答:「G7ってどういう(どこの)G7だよ?それじゃ、わかんねーよ。」

 このやり取り、その時の先輩の返答の意味が、飲み込めませんでした。

 「俺の質問の意図が伝わらなかったのかな?どういうG7もくそもないよ。G7はG7だろ!」

 僕がこう考えたのは何故だかわかりますか?僕は「G7はどんな曲でも、どこの小節に出てこようともG7はGミクソリディアン」と考えていたのでした。いかなる場合でもG7はGミクソリディアンで弾けば良いのだと。


 「サテン・ドール」をコピーして練習していました。ご存知の方も多いとは思いますが、下が最初のテーマ部分のコード進行です。

 Dm7-G7-Em7-A7D7D♭7-C△7

 セブンスコードが沢山出てきます。僕の今までの理論で行くと「G7はGミクソリディアン」「A7はAミクソリディアン」「D7はDミクソリディアン」「D♭7はD♭ミクソリディアン」なわけです。どれもミクソリディアンなわけですから、G7のフレーズをフレット平行移動させれば何とか弾けるのかなと思い、やってはみましたが、ことごとくうまくいきません。

 もうひとつ、「サテン・ドール」のG7のところでコピーしたフレーズ、同じG7だから使えるだろうと、Gのブルースの頭のG7のところで弾いてみましたが、これまたしっくりきません。

 ずっとこんなことを繰り返して悶々としていたのですが、ある時先輩に言っていた「どういう(どこの)G7・・・」って意味が分かりました。


 「もしかしてG7はいつもミクソリディアンて訳じゃなく、曲のどの場所にあるG7か、そもそも曲のキーが何の時のG7かによって違うってこと???だから、先輩は俺の質問に応えられなかったのか??」



 そして、やっていくうちに先ほどの理解がもう少し進みました。

 「曲のどの場所?」ってのは、「どういう機能のG7か?」という理解になりました。具体的に言うと同じG7でも「GのブルースのG7」と「キーがCの曲でのG7→CのG7」は違うようだってことです。

 また、「キーが何の時のG7か?」ってのは「キーがCの時のG7はV7」だけれど「キーがB♭の時のG7はⅥ7」なのだから、同じ7thでも機能が違うものってことです。



 今となっては、本当に当たり前の事で、笑ってしまうくらいの内容なのですが、独学で音楽教育を受けたことのない僕は実は何年もこんな状態が続き、上達を酷く妨げました。

 「こんな事知らないでよくギター弾いていたな!?」と笑い飛ばす人もいるかと思いますが、一方で、僕と同じ内容で悩んで、いつまでたっても思うように弾けるようにならない初心者の方も、実はいるのではないかと思って書いています。



 次回はもう少し続きを書いてみようと思います。

IMG_0472.jpg


 
 
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR