FC2ブログ

マイナー・コンバージョン・コンセプト(13)

【 G7(V7)→ A♭m6(3)】

 「G7をA♭m6にコンバージョンして、A♭ドリアンで弾く」を動画で体感してみてください。

 これを分かりやすくするために、まずは下の動画をご覧ください。



 Dm7ーG7ーC△7をそれぞれDm7はDドリアン、G7も同じくDドリアン、C△7はAドリアンで弾いています。

 Dm7をDドリアンで弾くのはいいですよね?G7が何でDドリアンなのでしょう?わからない人は9、10回目【D7(9) → Am6】の記事をしっかり復習です。また、C△7がAドリアンがわからない人は7、8回目【C6 → Am6】の記事をしっかり復習です。

  G7の部分をよく聴いてみてください。これでも全然OKですよね。ただ言ってみれば、Dm7ーG7ーC△7それぞれのコードチェンジ感が希薄と言うか、ジャズっぽくないと言うか。当たり前です。G7でDドリアンを弾く場合は、G7のテンション(オルタード・テンション)が一つも入っていない訳ですから。

 
 さて、問題のG7のところでA♭m6(A♭ドリアン)を弾きますね。下の動画をご覧ください。



 どうですか?いきなりジャズっぽいサウンド、緊張(テンション)感が生まれてきますよね。これも当たり前です。前回説明の通り、A♭ドリアンにはG7のオルタード・テンションが全て含まれているからです。

 
 一つだけ注意点があります。G7にA♭ドリアンのフレーズを弾く時、僕はフレーズの最後をA♭ではなく、Gでなるべく終わる様にしています。なぜかっと言うと、ルートはG音なのでフレーズの最後をA♭で終わるとサウンドがぶつかって違和感を感じます。あえてGで終わってあげることで「G7でA♭ドリアンを弾いています!」という感じになる様です。ただ、これは僕がそう思うってだけで、「絶対そうしなくてはだめ!」ということではありません。動画もそんな感じに弾いていると思います。


 今回はマイナー・コンバージョン・コンセプトの一番肝の部分と思います。ぜひ理解し,実践してみてください!

 質問もお気軽にどうぞ!!!


IMG_0794.jpg

Jazz Rock必見動画(34)

【George Michael & Queen - Somebody To Love 1992 Live】



 今、話題のクィーン、フレディのいる本家本元「Somebody To Love」のプロモーション・ビデオももちろん最高なのだが、ジョージ・マイケルの歌うこれ、フレディ追悼コンサートでのこの動画も最高ですね。

 そして泣けてきます。

 ちなみに、この演奏のリハーサル時の動画も良くって、リハーサルでふらっと現れ、やり直しもなく一発でリハーサル完了!という彼の実力も素晴らしいものです。

↓↓↓

https://youtu.be/GpTD_7iwDns

あ、デビッド・ボウイもステージ袖で見ています。

ジョージ・マイケルのメガネを上げる仕草がエロいですね。こんな仕草に女の人たちは殺られてしまうのでしょう?!


GM.png

 

マイナー・コンバージョン・コンセプト(12)

【 G7(V7)→ A♭m6(2)】

 「G7(V7)はGオルタードスケールを使用」とジャズ理論書には必ず書いてあります。Gオルタードスケールの音を下に並べてみます。

 G ー G#(A♭)ー A#(B♭)ー Bー C#(D♭)ー D#(E♭)ー F

 ちょっとだけ音楽的な話をすると、G7の全てのオルタードテンションである♭9(G#)#9(A#)#11(C#)♭13(D#)を含んだスケールです。



 それでは、前回解説した通り「G7(V7)→ A♭m6」、つまり「G7をA♭ドリアンで弾ける」ってことなので、A♭ドリアンスケールの音を下に並べてみます。

 A♭(G#)ー B♭(A#) B ー D♭(C#) ー E♭(D#) ー F ー G♭ 


 2つのスケールを比べてみてください。Gオルタード・スケールの音はG音以外は全てA♭ドリアン・スケールに入っています。いい加減な言い方をすると(笑)、「Gオルタード・スケールはA♭ドリアン・スケールとほとんど同じ」なのです。


 このオルタード・スケールってのが、ロック・ギタリスト出身の僕には全く馴染みがなく、覚えられませんでした。ロック・ギタリストにとってオルタード・テンションは全く無縁のサウンドでしたし、これまた馴染みのない運指なのでいつまでたっても身につきませんでした。

 一方、このオルタード・テンション、一音違いなだけで「馬鹿の一つ覚え」のドリアン・スケールで考えられることがわかって、一気に目の前が明るくなりました!

 次回は実際のフレーズを弾きながら、G7 → A♭m6へコンバージョン時のちょっとした注意点やコツを解説します。

PAT-w-Gibson-21.png

ジャズギター裏口入学(36)

【効果的・効率的な練習とは(2)】

 基礎練習の「半音階(クロマティック)」を例に「実践的な基礎練習」と言うものを説明してみます。

 まず前回の動画「半音階(クロマティック)」を下に載せておきます。



 大学時代、ギターの基礎練習をやりながら、もちろん色々なギタリストをコピーしていました。そのころ大好きだった「ブルース・フォアマン」の得意フレーズで下の様なフレーズがありました。



 3、4拍目のクロマティックの3連フレーズがうまく弾けませんでした。今でも彼ほどはしっかり弾けませんが、このフレーズを攻略するために今までやっていたクロマティックの基礎練習を下の様に変更しました。この練習は今でも続けていますが、今だに綺麗に弾けていないですね(笑)。



 
 また、マルティーノの大得意フレーズで下の様なフレーズがあります。



 これも最初は3、4拍目のクロマティック部分がきちんと音を切ってうまく弾けませんでした。そこで、これもクロマティックの基礎練習に下の様なものを取り入れることにしました。






 基礎練習はウォーミング・アップと普段の指まわりを滑らかにするために行うものと思うので、逆の発想で、普段の演奏でよく使うフレーズやコピーしたもののうまく弾けないフレーズを基礎練習の中に取り入れていくことにしました。


 こうすることで、自然とコピーしたフレーズがいつの間にか弾ける様になっていきました。

IMG_0794.jpg

僕の音楽史(116)

【大学3年生(1982年〜83年)】

 今回はライトではなくハイソの話。

 「ハイソ」ってのは「早稲田大学ハイソサイェティ・オーケストラ」というビッグバンドです。僕が所属する慶応ライトのライバルっていうか仲間っていうか、まー、そんな感じの団体で、同じビッグバンドということもあって、共演する機会の多いバンドでした。

 僕がレギュラー・メンバーになったD(2)年の秋以降からもすでに何回も共演していましたし、この年もひとつひとつの機会の記憶はないのですが、お互いの学園祭に客演したり一緒に演奏旅行(ビータ)に行ったりしてました。

 ハイソにK君という同学年のギタリストがいました。残念ながらほとんど話す機会もなかったのですが、とても素晴らしいギター弾きでした。僕と同じくセミアコを使っていましたが、ジャジーなフレーズとツボを得たバッキングはとても刺激になりました。彼の音楽的なプロフィールはわかりませんが、明らか自分とは違うと思いました。僕のプレイは一言で言うと、「ロック・フュージョン系」のプレイでしたが、彼は明らかに「ジャズっぽくアダルト」でした。

 ビッグバンドの曲でギタリストのソロがあることは稀だと思うのですが、K君の実力もあってか、共演した時にハイソが演奏する曲には必ず彼がソロを取る曲があって、聴く機会も多かったこともあり、妙に彼のことを意識するようになりました。ツイン・リバーブのギターアンプ(?)を使っていたせいか、すごくブライトな感じで、他の楽器群に埋もれることのないヌケの良い音だったように思います。

 共演のステージでは大抵、それぞれのバンドで4〜5曲演奏したのちに、最後にハイソ&ライトで合同演奏する曲(深町純さんの曲)があって、その曲にはリズム隊のソロ・バースがありました。ソロはフュージョン系の7th一発だったので、僕は当然オーバー・ドライブ&ブルース・ペンタトニックでギンギン弾きまくったのですが(それしかできませんでしたのでw)、彼も同様のプレイで返してきたことにびっくりさせられましたし、音楽性の間口の広さに感心してしまいました。

 こんな共演時の録音を、なぜかカセットテープで今でも所有していて、この前何十年ぶりかに聴きました。

 懐かしい思い出です。

 ※写真は当時のハイソのものではありません。
haiso1-940x627.jpg
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。


【ギター教えます】
 僕は有名ミュージシャンではないですが、ずっと独学でやってきて「ジャズのアドリブが全くできない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の気持ちは一番わかっているつもりですし、そんな方達の手助けができるかなーと感じています。また、このブログで連載している「Pat Martino奏法研究」や「ジャズギター裏口入学」等について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。

 東京都杉並区に住んでいますので、通える方は僕の自宅、遠方の方や通うのは大変という方に「Skype」で教えています。レッスン頻度は教わる皆様に合わせて決めています。

 興味のある方はメールやメッセージ、もしくはブログのコメント送信等どんなやり方でも良いのでご連絡くだされば詳細をお伝えいたします。

 それではお待ちしています!!

Mail : rymk.takeda@gmail.com

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR