僕のレコード棚公開します!(43)

【ストライク・ゾーン/デイブ・ストライカー】

DDSS.jpg


【メンバー】
デイブ・ストライカー(g)スティーブ・スレイグル(b)マーク・コーエン(p)ロン・マックルア(b)ロニー・バレイジ(ds)
【曲目】
ストライク・ゾーン/フー・キャン・アイ・ターン・トゥ/アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー/エヴィデンス/マイ・シャイニング・アワー他

 このギタリストについては知っている人は最近ではあまりいないでしょうね?!80年代後半から10数年位はハイ・ペースでリーダー作を発表していたデイブ・ストライカーというギタリストで、確か来日経験もあるのでは?と思います。

このコーナー、いつもはレコードを紹介していましたが、今回はCDです。彼が活躍していたころは既にレコード文化は滅びつつあった時代ですので、彼のレコードは持っていなく、すべてCDです。お許しを!

 プレイ・スタイルはパット・マルティーノ直系ですね。だからというわけではないのですが、僕は大好きで、結構コピーして影響を受けましたし、バンドで彼のオリジナルなんかも演奏したりしていました。CDも10枚くらいは持ってますね。パットよりも多少ラフでノリや音が粘っこく、ジョンスコっぽかったりもします。たまに、パットのフレーズをまんま弾いていたりしてます。僕の耳はごまかせませんよ!オーソドックスのプレイが身上ですが、比較的コンテンポラリーな楽曲も書きますし、守備範囲は広いです。

 彼のアルバムはピアノ入りのカルテット、スティーブスレイグルのアルト入り(彼のプレイがまた秀逸です!)やオルガン・トリオなど色々なフォーマットがありますし、曲もオリジナルとスタンダードがいい感じにバランスよく入っていて、どれもおすすめです!

 こういうギタリストがブイブイ言わせていた80~90年代は本当にジャズギター界は面白かったのです。

 今も元気に活動しているのですかね!

 結構おすすめなのであります!!

Phrase Database (4)

 今回はパット・メセニーのにーごーいちのフレーズですね。

 Phrase Database_000019



「タタタン・タタタン・タタタタタタタン」

 このリズムがいかにもメセニーですね(笑)。1小節目なんて「ソラシ・ラファド」ですよ。まるで童謡のようです(笑)。牧歌的な雰囲気はここからきてるのだと思います。ビバップのフレーズをガンガンとコピーしていたころ、こんな感じのフレーズを弾くメセニーを聴いて「こんなんで大丈夫なのか?!」って思ったものです(笑)。でも、「大丈夫」どころか最高にかっこいいのです。「なんたらスケールを使った・・・」なんて必死に研究し、マニアックなフレーズばかりコピーしていた僕に「ガツーン」と頭をひっぱたいてくれたフレーズです。「ドミソの世界」てのは本当に力強いのですね!ちなみに、こういう「ドミソの世界」のフレーズ、日本では師匠の布川さんが凄いですよ。

 2小節目はシからファまでクロマチックで降りてきます。ここはマルティーノのように一音一音がっつりピッキングするのではなく、スラー(プリングオフ?)をところどころ入れて弾くとメセニーぽくなります。

 一応、メセニーっぽくするために例のギタシンの音でやってみました。強力にもたった感じで後ろに引っ張りまくって弾くと、よりメセニーっぽくなりますね。このフレーズを弾く前に最初の方は、適当に弾いてます。

僕の音楽史(70)

【大学1年生(1980年~81年)】

 大学からの帰り道に買ったアルバム「サンダー・ライブ/カシオペア」に早速針を落とします。

 会場の騒めきとギターの効果音(?)の後、すかさずドラムのフィルが入ってきます。

 「げ、凄い疾走感!」

 一曲目のスペースロードの始まりです。イントロからテーマ、ギター~キーボードソロと続き、最後の野呂さんのギター弾きまくりで曲は終わります。そして、このまま一気にセーリングアローンからブラック・ジョークそしてミッドナイト・ランデブーまで聴きました。

 この時まで日本のフュージョン・バンド(今回から「クロスオーバー」という言葉は使わず、「フュージョン」という言葉を使います。)と言えば、僕にとっては「プリズム」でした。もちろん和田アキラさんや森園勝敏さんのギターが大好きでしたし、バンドとしても大好きでした。ただ、彼らの演奏に僕は「ジャズ」をあまり感じていませんでした。だから、悪いっていうわけではないのですよ。明らか、ロック、プログレのミュージシャンがジャズに歩み寄った感じに聴こえていました。でも、カシオペアには何故か強力に「ジャズ」を感じました。ギターの野呂さんなんかは和田アキラさんと同世代で、音楽環境的にも近いのでしょうが、野呂さんのプレイには凄く「ジャズ」を感じました。そして、当時僕は「カールトン」より「リトナー」が好きだったのとほぼ同じ感覚で「プリズム」より「カシオペア」が好きになりました。この感覚、わかります?

 メンバー全員のテクニック、とりわけ慶應ライトのドラマー「神保彰」の「テクニック」「ノリ」にはそれはもうぶっ飛んでしまいましたが、それよりなにより楽曲に良い意味で「日本」を感じました。アルバム最後の「ミッドナイト・ランデブー」の哀愁のあるテーマのメロディーに協力に「日本」を感じグッときました。

 ビッグバンド(当時はビッグバンドなんていう言葉すら知りませんでしたが…。)は全く興味の対象外でしたが、このアルバムを聴いた後には

 「ライトのサークル説明会を聞きに行ってみようかな?」

と思いました。

サンダー1

カシオペア1 神保




 

ジャズギター裏口入学(13)

【アルペジオ(1)】

 一旦コードワークの事は置いておいて、アルペジオについて解説していこうと思います。

 ギターで「アルペジオ」というと、フォークギターでの「弾き語り」をイメージしますよね。ここで言うアルペジオはそのアルペジオではなく、「コードの構成音を一定の規則で順番に一音づつ弾く」ことを言います。あっ、フォークのアルペジオも結局そういう意味ですね・・・・。

 下の譜面と動画を見てください。
ジャズギター裏口入学(13)_000017



 僕がジャズギター勉強中の初期の頃に、誰だったか名前は忘れてしまいましたが、コピーしたフレーズです。ロック・ギタリストだった僕には全く使う事のない音列でした(動画は2通りの運指で弾いています)。そして色々なギタリストの演奏を聴きコピーしていくと、この音列が結構頻繁に登場することがわかりました。

 あるジャズギター教則本を買ったときに「アルペジオ」というページの最初に下のような譜面が記載されていました。

ジャズギター裏口入学(13)_000018


 「あれ?似ているぞ!」

 僕がコピーした音列B-C-E-G-B-C-E-G-Bは教則本に書かれているC-E-G-B-C-E-G-B-C・・・・と音の並び順は同じですが、始まりの音が、ただB音から始めているかC音から始めているかだけの違いという事に気付きました。

 「ははーん、俺がコピーしたフレーズはこのアルペジオってやつを利用したフレーズなのか!」



 次回はこのアルペジオの重要性について、もう少し踏み込んで解説していきます。


 

こんな僕でも「ギター教わりたい!」という方がいらっしゃいますか?

 こんな僕でも「ギター教わりたい!」という方がいらっしゃいますか?

 僕は有名ミュージシャンでもないですし、大した技量もないですが、ずっと独学でやってきて、「ジャズのアドリブが全くできない、わからない」とか「そこそこ弾けるようにはなったが、なんかジャズっぽくないなー」など、自分のギター・プレイに不満な方や伸び悩んでいる方の手助けくらいならできるかなーと考えてます。また、ブログで連載している「Pat Martino奏法研究」「ジャズギター裏口入学」「Phrase Database 」について「もっと詳しく教えてほしい!」とか「一週間に一回ペースの小出しでなく、時間をかけてじっくり教えてほしい」みたいな人にも力になれるかな?と思ってます。予めお断りしておきますが、「ジャズの何たるかを既に理解していて、ジャムセッションなどで、バリバリ弾けちゃう人」は、教えられません。そういう人は、僕レベルに教わっても物足りないと感じると思いますから。あと、「ジャズ理論をしっかりと教わりたい」みたいな人もダメですね(笑)。あくまで、「ジャス・ギター初級~中級の方」や「ロックやクラシックは弾けるのだが、ジャズがよくわかんない」とか「Pat Martino奏法を教えてほしい」みたいな人が対象と思います。あと「ギター弾くのは初めて」の方も大丈夫と思います。

 僕は東京都杉並区に住んでいるので、最初はどこか都内のスタジオかなんかを借りてやってみて、ある程度継続される方には、場合によっては僕の自宅で教えても構わないかと思ってます。あるいは遠方の方には、こんな時代ですから、「Skype」っていうのもありかなーと思ってます。まー、場所やレッスン間隔などやり方はお互いが相談して決めていけば良いと思います。

 メール、Facebook、Messenger等でご連絡ください。

 気長にお待ちしております・・・・・・。

 よろしくお願いいたします!
プロフィール

武田 謙治

Author:武田 謙治
1962年生まれ 新潟県出身
小4よりクラシックギターを始める。
中学~高校時代はロック、フュージョンに傾倒。
慶應義塾大学入学と同時に、慶應ライトミュージックソサェティに所属し、ジャズの演奏を始める。
卒業後は、働きながら音楽活動を継続し、ジャズギタリスト布川俊樹氏に師事し、各種コンテストにも参加。
【主な受賞歴】
浅草JAZZコンテスト グランプリ受賞
吉祥寺JAZZコンテスト グランプリ受賞
横浜JAZZプロムナード '94 コンペティショングランプリ受賞 横浜市民賞受賞
キングレコード「日本ジャズ維新塾」 グランプリ受賞 岡安芳明賞受賞
 
1990年代は精力的に活動をしていたが、2000年に入り、十数年の間活動休止。2014年夏より活動を再開。現在は、都内を中心に、「日本一ギターのうまいサラリーマン」を目標にライブ活動中。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR